いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

立夏 末候 竹笋生  21,5,15

たけのこしょうず

筍がひょっこり顔を出す頃

もっとも出回っている孟宗竹という品種は三月中旬、

日本原産の真竹が五月から六月ぐらいまでが旬だそうです。

 

ひなげしの花

和名「ひなげし」は、世界各国で平和の象徴として愛される花。

英名「ポピー」、仏名「コクリコ」、スペイン名「アマポーラ」、

漢名「虞美人草」、聴いたことがある名前がズラリ。

日本では初夏の風に愛らしくそよぐ姿が印象的であり、

五月の青い空に映える。

 

青時雨

木々の青葉にたまった雨が、ばらばらと降りかかる事。

子供のころから好きな言葉、現象で、トトロでもやってましたね。

ラピュタのラストシーンに出てくる、

ロボット兵みたいな生活を夢見ていた子供だったけど、

今の生活はそれに近い気がする。夢が叶ったのかな?

全部負けで構わないから争いたくないという、

資本主義には向かない性格ですね。

 

いつの間に さ月きぬらむ あしびきの 山郭公 今ぞなくなる

                     (古今和歌集 夏歌)

金曜恋歌  21,5,14

【金曜恋歌】

あはれてふ 事だになくば なにをかは 恋の乱れの つかねをにせむ

                           (古今和歌集 恋歌)

もし「あはれ」という言葉さえもないのなら、いったい何が、

恋のために乱れてしまった、私の心を取りまとめられるのだろう。

 

心の中を聖くして、行動として外に現れ、

それを習慣として生きていくことが大事なんだと思います。

この人ならと決めた恋愛こそ、求めれば心を焦がすものですが、

一度伴侶を頂けたなら、愛することも正しい心の表れとして、

共に生きていくことを良い習慣にして、命尽きるまで続けたいものです。

自分の愛は叶わなかったけど、神仏の愛に包まれ、

振り返れば、優しいとてもいい人生だったと、

あらためて感謝の気持ちが湧いてきます。

あとどのくらい命があるのか知れないけれど、

良い習慣を続けて生きていきたいですね。

 

【今宵のカクテル】

ジン・ライム

ライジン   45ml

ライムジュース 20ml

氷を入れたオールドファッショングラスに、

前記の材料を注ぎステアして出来上がり。

とても簡単で美味しく、お勧めなんだな。

東京ラプソディ  21,5,13

故郷・東京

【銀座】

今も昔も賑やかな日本一の繁華街。

江戸初期に銀貨を鋳造する「銀座役所」を、

駿府からこの地に移転したことに由来するそうです。

江戸時代は新両替町といわれたそうですが、

明治二年に新両替町に変わり、

銀座が正式な町名となったそうです。

 

江戸言葉

【行灯袴】あんどんばかま

ぱっと見は半袴みたいですが、二股に別れておらず、

行灯のように一本筒です。

着物にしわが寄らず、

見た目は袴をつけた正装に見えると言う事で、

お年寄りに好んで使われました。

 

粋・色・唄

粋な言葉

【首尾をする】男女が会う機会を作る事。

誰にも見つからず、しかもしゃれた逢引が楽しめる場所は、

ただ一つ、屋形船でした。

舟の周りは障子が立て周してありますから、

これを閉めると密室になります。

船頭さんは水面近くまで垂れた松の木に結んで、

「どうぞ、ごゆっくり。」と障子を閉めて、

三時間ぐらい姿を消したそうです。

 

色・破礼句

江戸の女たちは慎ましやかに行動するように躾けられており、

性交渉に於いて自分から積極的な仕種を行うのは、

はしたないという意識に縛られていたそう。

男からの要請によって、

女達はどのように男根を刺激したらよいか学ぶことが多かったみたいです。

蠟燭屋、飴細工 (五指で男根の先端から中胴部分を摩擦する動作)

猫撫、願撫 (尿道口部や包皮小帯部を指で刺激する)

指輪 (親指と人差し指を環状にして、亀頭冠から亀頭溝を摩擦する方法)

塩掴 (五指で塩を掴むように小刻みに亀頭を刺激する技法)

錐揉 (両手で中胴を挟み擦り合わせたり、軽く捩じったりする技法)

 

白魚の 力帆柱 引き起こし

 

いやな座敷にいる夜の長さ なぜかこよいの短さは

 

粋な人の言葉

「おう?…手前さしづめインテリだな。

…あ、そうか、そのインテリが暴力をふるったわけだ。

へーエ!たいしたもんだ、蛙のションベン、

見上げたもんだ屋根屋のフンドシだよ」   (寅さん)

 

真ん中もっこり水曜日  21,5,12

それでこの女が入って来てもっこりを見られた時は、

なんとなく異性の味方を得た心持ちがした。

 

【ダザイとユウジ】

死のうと思っていた。

ユウジ 「どうしたダザイ⁉相変わらず元気がないな!」

ダザイ 「僕は駄目な人間だ。何一つできることがない。」

ユウジ 「できないんじゃない!やらないだけだ!

     やればできる!言ってみろ!」

ダザイ 「…やればできる」

ユウジ 「全然ダメ!声が小さい!もう一回!やればできる!ほら!」

ダザイ 「やればできる!」

ユウジ 「そうだ!できるじゃないか!」

 

ダザイはユウジと別れた後、

「やればできる!」と叫んで橋の上から飛び降りた。

 

 【スターの言葉】

ずっと成長を続けて、

誰にも手が届かないくらい大きくなりたい。

何かを証明するためじゃない。

自分の全人生を一つの事に捧げて、

はじめて到達できる場所に行くために。 (ジェームスディーン氏)

 

【思い出の歌】

十七歳の地図  尾崎豊さん

 

街角では少女が自分を売りながら

あぶく銭のために何でもやっているけど

夢を失い 愛をもて遊ぶ あの娘忘れちまった

心をいつでも輝かしていなくちゃならないってことを

 

未成年の頃からここのフレーズが気になっていました。

女性が売春するのはお金のためとするのは、

男の勝手な妄想で、女性を馬鹿にしている。

ほとんどの女性は性欲を満たすため売春している。

スマホが出る前、都内や神奈川のあちこちに、

男を求めて若妻が集まる飲み屋があった。

そこでの性行為に金はかからなかった。

若妻たちはただ性欲を満たすためだけにここに集まった。

 

どうも男性は、女性の性欲を認めたくないらしい。

江戸時代は女性を厳しく躾けて乱れなかったが、

今の女性は人妻であっても、同時に複数の人と性行為するし、

スマホで簡単に相手も見つかるので、衛生的にとても不潔。

清潔な女性を見つけるのはほとんど不可能。

関わらない方が身のためだと思いますよ。

 

それと、「もて遊ぶ」で「弄ぶ」じゃないんですね。

 

 【好きな作家の言葉】

一度動きだしたら、もうじっくり読んでいる暇はないのだ。

                    (三島由紀夫先生)

 【好きな有名人の言葉】

やっぱり、人間、怒りがないと駄目だな。 (アントニオ猪木氏)

 

【桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに…】

「凄いというよりも…、すんごいよ」「ゴクッ」

時に果物は卑猥な造形物と化す事がある。

先日、スーパーで買い物していたら、

そこの前を通る若い奥様達が、

キャッキャッと声を上げはしゃいでいた。

そこには突起部分が、二十センチぐらい棒状にのびている、

勃起した果物のポンカンが置かれていた。

こういうものを見ると嬉しくなるのが女性の本音らしい。

 

OK、OK。オレってもっこり?

今夜こうしてもっこりしたみたいに、俺は生きていきたい。

 

※大前提としてセックスは不衛生の極みです。

 同時期に複数の人とセックスすることは、

 男性も女性も避けるべきだと思います。

京を想えば  21,5,11

下鴨神社

賀茂川と高野川の合流する地点が下鴨神社

そこから南へはしる川は鴨川。

神社の名前も「かも」は二つに分かれる。

上賀茂神社下鴨神社

古代から漢字はあて時に使うことが多く、

この場合もともと「かも」という音があって、

それが賀茂になったり鴨になったするだけのこと。

カモという地名の由来については、

大和朝廷の成立を助けた鴨氏からという説が有力らしい。

だとしたら鴨が本当かもしれないですね。

 

五月下旬の行事

満月の夜    五月満月祭(うえさくさい) 鞍馬寺

中旬の日曜   松尾祭還幸祭      松尾大社

18日      御霊祭渡御之儀     上御霊神社

第三日曜日   三船祭         大堰川

第三か第四日曜日  下御領神社還幸祭  下御領神社

30日      御懺法講        三千院

下旬の日曜日  京都祇園八坂神社御田祭 尾長野八坂神社

 

京ことば

【アカイ】  明るい、あかしの口語。

   「まだアカイのに、もう七時ヤンか」。

   「だいぶアコなってきたサカイ、もう雨もやむのとチャウか」。

 

京都には二十年近くいっていないです。

その頃は地図でいう、新幹線より下の方の神社仏閣は、

観光客もまばらで、訪れると地元の人に珍しがられました。

コロナ前の映像ではインバウンドの影響もあって、

ラッシュのような込み具合で、

僕にとって京都も魅力的な街じゃなくなりました。

昭和末期から平成初期にかけての輝いていた日本を、

現代の人に残せなかったのは残念です。

特にスマホの登場は恋人を信じられず、恋愛をしらけさせた。

人生や人間をつまらないものにしてしまった。

スマホを含めたインターネットのセキュリティ、日本は脆弱過ぎる。

それ意外の事も鑑みて、スマホを持つ利益より、

不利益の方が比べようもない位大きい。

 

 

立夏 次候 蚯蚓出   21,5,10

みみずいずる

ミミズが土の中から出てくる頃

土を肥やしてくれる、田畑の隠れた味方です。

鉢植えにしている花木の根を整える時、

鉢の中からミミズが出てくると、

どこから来たのだろうと不思議な気持ちと、

ほっこりした気持ちで笑みがこぼれます。

 

朝顔の種まき

朝顔の種まきの季節です。

朝顔の種は発芽率がよく安価で、

ちょっとした鉢と土と支柱を揃えれば、

夏に楽しめる花が咲く事でしょう。

水色系の朝顔の種を一週前ぐらいに植えましたが、

もうたくさんの二葉が出ています。

夏に涼を運んでくれることを期待して。

マリーゴールドは、種まきからひと月経ってないけど、

もうつぼみが出来てます。成長は早いなぁ。

 

遊園地

僕はディズニーランドとか遊園地に行ったことがない。

何度か誘われたことあるけど、入場料がバカ高く、

本にするとかなりの本が買えるので、

「ミッキーによろしく」と言って見送ることにしています。

今ならタダでも行く気しないですね。

着ぐるみのダンス見せられるとカチンとくるので。

 

風薫る

暴風でじっと耐えなければならない風もありますが、

同じ風でも初夏に吹く穏やかな風は、

人々に清々しい心地よさを運んでくれる風にもなります。

 

風絶えて ひそかに風の 薫りけり 

物欲的な西洋文迷の終焉  21,5,10

持続不可能な物欲的西洋文明

人類に富裕層なんて醜い特権階級必要でしょうか?

寄付などしていい気持ちになってる身分など、人間に許されるでしょうか?

貧困層を失くす事より、一人として富裕層にさせない事の方が大事だと思います。

なぜなら地球の環境を破壊しているのは、貧困層より富裕層だからです。

富裕層こそ地球環境に有害です。

 

【世界を疑え】

初めに断っておきますが、今回は全くの想像です。

オリンピックのことですが、商業が絡んでしまっているため、

オリンピック協会やバッハ会長が東京五輪を中止にしたくても、

企業や資産家からの圧力があって、

中止にできないんじゃないかなと思います。

世界を善くするためには、

二十世紀は陰に隠れていた悪の黒幕を、

二十一世紀は表に引きずり出して、

徹底的にぶちのめし、退治することだと思います。

 

能力によって収入が違うという、能力による差別が、

何の疑いもなく肯定されてきたけど、

人種差別よりおかしな差別だと気付いて欲しい。

収入に差をつける事、当たり前じゃない。

 

【現在を疑え】

電子マネーETCカードなど、通貨による売買の取引に、

民間業者がかかわり利益にするのはおかしいと思う。

そこは国がやるべきだと思う。

また一企業の商品であるスマホを持っている人と、

持っていない人で、行政サービスに差別が生じてはいけないと思う。

 

ワクチンに関して、適切に使って世界で二千件以上、

死亡事故が起きていること日本人は知っているのだろうか?

また、二回摂取してもコロナに感染することがある事、

世界の人は知っているのだろうか。

凄く意図的に好感持たれるよう報道されている気がする。

 

持続可能な精神的東洋文明

【一切皆空】いっさいかいくう

「一切は皆空なり」で、仏教の根本的思想。

空は梵語シャー二ヤダーの漢訳で、

あらゆるものは因縁によって起こるものであり、

本体・我体・実体というものはない、とする真理。

 

【陰陽】

陰陽をよく修得して昇華することを中という。

医療などもそうですが、平気で人を殺せる人しか人を救えない。

医師ほどたくさんの人を殺す職業はない。

悪を知らなけい善など、軽薄な偽善でしかない。

子供は純粋だというけど、汚れを知らない純粋などすぐ壊れてしまう。

汚れを避け、憂いを知らない大人は優秀じゃない。

受験競争や選挙など、人生で勝ちしか知らない夢見がちな大人の作る世界は、

現実味のない寝言のようなもの。