L'oiseau Bleu

あらいざらいを捨ててしまって、いちばん大切なものを探しにいく。 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり真実と異なる場合もあります。 他言禁止。個人でお楽しみください。

立春 次候 黄鶯睍睆  23,2/9~

こうおうけんかんす 春の到来を告げる鶯が、美しい鳴き声を響かせる頃。 ホーホケキョでおなじみの鶯ですが、 最近はこの鳴き声をまねる鳥が多くて困ります。 うちの近所でも聞こえていたのですが、 それは外来種のガビチョウという鳥だったようです。 皆様…

桃艶の教養  23,2,9

桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに… 「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」 【いろごと辞典から】 えらをぬく【鰓を抜く・腮を抜く】 女性器に指を入れ、 膣の奥にある子宮膣部を触知すること。 食欲旺盛でも恐怖は感じませんが、性…

真ん中もっこり水曜日  23,2,8

八月生まれの猫 【哲学者の言葉】 有り余る程自由な時間のある人間は、 大抵悪いことを考えるものである。 (スピノザ) 猫にこんばんは! 有り余る程の金と、自由な時間のある者が出す答えは、 だいたい悪いものである。 何で音楽の作詞は、みんな同じところ…

娯楽の火曜日  23,2,7

スターの言葉 【ジェームスディーン氏】 あのバイクは友達であり、兄弟なんだ。 芝居の世界では、友達を見つけるのは大変だからね。 思い出の歌 【HOWEVER】 GLAYさん 絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら 言葉では伝えることが どうしてもでき…

生きる月曜日  23,2,6

【安岡正篤先生の言葉】 衆愚ということがある。 寄って集って皆をだいなしにしてしまふものである。 それは皆を零にしてしまふものである。 表面は少数でも、善者は真の多数である。 これがわからぬところに民主主義の愚劣と悲劇がある。 邪への反抗 もうい…

愛すべきものすべてに  23,2,5

【神への祈りは、自分への誓い。】 天にまします我らの父よ、 願わくは御名を崇めさせ給え、御国を来たらし給え。 御心の天に成る如く、地にも成させ給え。 我らの日用の糧を、今日も与え給え。 我らに罪を犯すものを我らが赦す如く、 我らの罪をも赦し給え…

立春 初候 東風解凍  23,2/4~

りっしゅん 二十四節季の一番初め。 春の兆しが現れてくる頃。 はるかぜ(とうふう)こおりをとく 暖かい春風が吹いて、川や湖の氷が溶けだす頃。 東風とは春風のこと。 中国では、陰陽五行の思想で、 春は東を司る為、東風というそうです。 【如月】 「きさら…

土曜詩歌  23,2,4  立春大吉

土曜詩歌 【高杉晋作先生】 虚心前非を悔ゆる勿らんと欲す 情緒麻の如く涙衣を潤す 首を斬り腰を斬るも我甘んじて受けん 恨らくは他の父母の群譏を受くるを 努めて心を平気に持って前非を悔やむことをしないと思うが、 情緒がいつか乱れて思はず涙が流れる。…

金曜恋歌  23,2,3

【金曜恋歌】 月影に わが身をかふる 物ならば つれなき人も あはれとや見む (古今和歌集 恋歌) 月の光に我が身をかえることができるものであるならば、 無情なあの人も私を「あはれ」と思って見るであろうか。 もしも、バイオリンが弾けたなら、 せつなくな…

桃艶の教養  23,2,2

桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに… 「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」 【いろごと辞典から】 えもり【柄洩り】 騎乗位での性交で、 愛液が陰茎を伝わって流れ降りること。 食欲旺盛でも恐怖は感じませんが、性欲旺盛だと恐怖を…

真ん中もっこり水曜日  23,2,1

八月生まれの猫 【哲学者の言葉】 我々は理性によってのみでなく、 心によって真実を知る。 (パスカル) 猫にこんばんは! 人間は、心を育てることが大事だと思う。 スポーツなどの争いでは、健全な心は育てられず、 戦いとは無縁の環境でしか、健全な人間は…

娯楽の火曜日  23,1,31

スターの言葉 【アントニオ猪木氏】 常識なんてものはあいまいで、 時にはウソが混じっていたりもする。 だからそこをほんの一ミリ外して考えてみると、 意外と真実が見えるものなんだ。 思い出の歌 【伝わりますか】 ASKAさん 淡い紅を かるくのせて 思い出…

大寒 末候 鶏始乳  23,1/30~  

にわとり はじめて とやにつく 鶏が卵を産み始める頃 まだまだ寒い日が続きますが、 暦の上では、いよいよ冬も終わりになります。 【二月の行事】 節分(2月3日) 昔は季節の変わり目には邪気が生じると考えられており、 節分には鬼や災難を追い払う厄除けと…

生きる月曜日  23,1,30

【徳川家康公の言葉】 一時的な怒りに身を任せて 悔いを千載に残すのは情けないこと。 邪への反抗 争いがおこるのは、国境があるせいではありません。 平和ボケなのか、ありきたりの言葉に酔っているのか、 いずれにしても、的外れの恥さらし。 政治家は少子…

愛すべきものすべてに  23,1,29

【神への祈りは、自分への誓い。】 天にまします我らの父よ、 願わくは御名を崇めさせ給え、御国を来たらし給え。 御心の天に成る如く、地にも成させ給え。 我らの日用の糧を、今日も与え給え。 我らに罪を犯すものを我らが赦す如く、 我らの罪をも赦し給え…

土曜詩歌  23,1,28

土曜詩歌 【中原中也】 夏の日の歌 青い空は動かない 雲片一つあるでない。 夏の真昼の静かには タールの光も清くなる 夏の空には何かがある、 いぢらしく思はせる何かがある。 焦げて図太い向日葵が 田舎の駅には咲いてゐる。 上手に子供を育てゆく、 母親…

風呂唄(舟唄の替え歌)

お風呂は熱めの お湯がいい 風呂場はひなびて 古きゃいい 連れの客など なくていい 灯りはぼんやり 灯りゃいい しみじみ入れば しみじみと 思い出だけが 行き過ぎる あの恋今でも 悔やむなら 歌いだすのさ 風呂唄を お医者様でも 草津の湯でも 惚れた病は コ…

金曜恋歌  23,1,27

【金曜恋歌】 風吹けば 峰にわかるる 白雲の たえてつれなき 君が心か (古今和歌集 恋歌) 風が吹くと峰から去っていく白雲のように、 全く音ずれもなくなってしまう、無情なあなたの心であることよ。 確か子供の頃は、好きな女の子に好きと云えなかった。 い…

桃艶の教養  23,1,26

桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに… 「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」 【いろごと辞典から】 えつみ【悦味】 快感を味わうこと。オルガズムに達すること。 食欲旺盛でも恐怖は感じませんが、性欲旺盛だと恐怖を感じます。 性欲…

大寒 次候 水沢腹堅  23,1/25~

さわみずこおりつめる 沢の水が厚く張り詰める頃 明治三十五年一月二十五日に、 旭川市でマイナス四十一度を記録したそうな。 寒い季節です。 春隣り 寒さが応える真冬の季節でも、 所々に春の予兆を感じることが出来ます。 もうすぐ春はそこまで来ています…

真ん中もっこり水曜日  23,1,25

八月生まれの猫 【哲学者の言葉】 世界ではなく、 自分自身を征服せよ。(デカルト) 猫にこんばんは! 僕も結局はまた、完全に、人間嫌いの自分に戻ってしまった。 年も年だし、僕はこの世界を恨み、死んでいくのだろう。 自分には人間が心地よい生き物ではな…

娯楽の火曜日  23,1,24

スターの言葉 【尾崎豊氏】 雨の降らない乾いた街、 いや俺の心が乾いているだけなのかもしれない。 この街に変わらないものなど一つもない。 いったい何が、もっとも素晴らしいと言えるだろう。 思い出の歌 【シェリー】 尾崎豊さん シェリー 俺は上手く歌…

生きる月曜日  23,1,23

【吉田松陰先生の言葉】 杉家に伝わるものに、 世間ではなかなか行われない素晴らしいことがある。 第一に先祖を尊ぶこと、第二に神様を崇めること、 第三に親族が親しくすること、第四に学問を好むこと、 第五の仏法に迷わないこと、 第六に田畑を自ら耕作…

愛すべきものすべてに  23,1,22

【神への祈りは、自分への誓い。】 天にまします我らの父よ、 願わくは御名を崇めさせ給え、御国を来たらし給え。 御心の天に成る如く、地にも成させ給え。 我らの日用の糧を、今日も与え給え。 我らに罪を犯すものを我らが赦す如く、 我らの罪をも赦し給え…

土曜詩歌  23,1,21

土曜詩歌 【立原道造】 夢みたものは… 夢みたものは ひとつの幸福 ねがったものは ひとつの愛 山なみのあちらにも しずかな村がある 明るい日曜日の 青い空がある 日傘をさした 田舎の娘らが 着かざって 唄をうたっている 大きなまるい輪をかいて 田舎の娘ら…

大寒 初候 款冬華  23,1/20~

だいかん 大寒とは、一年で最も寒さが厳しい頃。 夜明け前が一番暗いに似ていますね。 二十四節季最後の季節。次はもう春、立春ですね。 ふきのはなさく 昔、青森で冬を越したとき、 雪を割って顔を出す、蕗の薹を見ました。 蕗味噌で、熱燗一杯やりたいです…

金曜恋歌  23,1,20

【金曜恋歌】 夏虫を なにかいひけむ 心から 我も思ひに もえぬべらなり (古今和歌集 恋歌) 夏虫を、自ら火に飛び込んで焼け死ぬものと、 どうして罵ったのであろうか。 私も自ら「思ひ」の火で燃えてしまいそうであるよ。 街を歩けば、下品な男女が、 恋人…

桃艶の教養  23,1,19

桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに… 「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」 【いろごと辞典から】 エックス・ワイ・ゼットスポット理論【XYZ…理論】 膣内にはX(膣前壁)、Y(膣後壁)、Z(子宮口)の三つの刺激スポットがあり、 一回の性…

真ん中もっこり水曜日  23,1,18

八月生まれの猫 【哲学者の言葉】 人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、大抵一番悪い道である。(フランシス・ベーコン) 猫にこんばんは! 回り道をすれば、何かのヒントに当るかもしれない。 ただ、言葉はできるだけ簡単なものを使いたい。 難しい言葉…

娯楽の火曜日  23,1,17

スターの言葉 【オードリー・ヘプバーン氏】 もしも夫が女性に望むものを私が与えられずに、 感情的にも、肉体的にも、性的にも、 夫が他の女性を必要とするなら、 私は潔く身を引きます。 思い出の歌 【あの微笑みを忘れないで】 ZARD 25時 砂の上に車を止…