花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

2021-03-05から1日間の記事一覧

啓蟄 初候 蟄虫啓戸  21,3,5

けいちつ 陽気に誘われ、土の中の虫が動き出す頃 すごもりむしとをひらく 冬ごもりしていた虫が、姿を現す頃。 木の芽時 草木が芽吹いて、生命力を感じる季節。 家の紫陽花や藤の木など木の芽が膨らんできました。 自然は優しく愛しい。 春くれば かりかへる…

金曜恋歌  21,3,5

わがこひは むなしきそらに みちぬらし 思ひやれども ゆく方もなし (古今和歌集 恋歌) 私の恋は何もなかった空一杯に満ちてしまったらしい。 思いを晴らそうと追い払おうとしても、追い払う余地がない。 なんか最近、テレビや社会で活躍する女性が、 下品と…