花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

雨音

しとしと降る雨音が昔の事を思い出させます。

昔からよくモテたと思います。

モテた人はよく分かると思いますが、

モテることは不幸だと思います。

バレンタインデーでは、数十個頂き、

手紙を読むと、思いが伝わって、

かえって一人の女性と仲良くできなくなります。

もともと僕は、たくさんの女性を愛し愛されるより、

一人の女性を、一生深く愛したいと思っていました。

だから付き合う人には誠実にを心掛けてました。

ただ、今思えば誠実にと自分の事ばかり、

もっと彼女を見て、彼女と楽しめばよかったかなと、

そうすれば、あの愛を失うこともなかったかもしれない。

そんな、後悔とも、戻りたいとも違う、

青さを懐かしむ感情を、雨音が運んでくれます。