花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 狂奇冴感 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

母国語

日本には日本独自の言葉がある。

どうしてこれを誇りにしないのか?

米国にはそれがない。

 

コロナの世界になって、

話すことで飛沫をまき散らすことが明らかになった。

英語は飛沫が多い言語だ。

日本語はその点でも優れている。

日本の感染が比較的穏やかなのもそのせいではないか?

 

英語はとても不潔だから、

日本語を世界の標準語にしたらどうだろう。

 日本の教育で英語に重点を置くのは、

とても愚かなことだと思う。

ましてや外交を母国語でやらないのは、

自己の喪失、あきれるばかりである。

 

日本語はおもしろい。

飛鳥など、あすかと読める字ではないのに、

奈良以前に都が置かれた所、明日香村。

「飛ぶ鳥の明日香」と呼ばれたことから、

「飛鳥」の字を当てたそう。

とても自由で、自然を慕い、

優しい温もりを感じる日本語を誇りに思う。