汚れた世界に背を向けて

 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。  他言せず、個人でお楽しみください。

寒露 次候 菊花開

きくのはなひらく

 

菊で思い出すのは、陶淵明先生ですが、その話はまた後日。

 

旧暦九月九日の重陽の日に摘んだ菊の花びらを、

乾かして詰め物にし菊枕にすると、

恋する人が夢に現れると言われているそうです。

やっぱり、人間の究極の生き甲斐は、

心寄せる人と一緒にいる事だと思います。

 

僕の恋は叶わなかったけど、

たくさんの恋が成就する、

平和な環境を作っていきたいですね。

 

きっと一人一人が思い、願うことで、

世界は一瞬で変わると思う。