花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

忠信

多数の俗人から認められず、少数の友人から認められることは楽しい。

偉大な魂の主はその敵を軽蔑するものではなく、

実は忘れるものなのである。  (アベル・ボナール) 

 

彼女を取り巻く組織は僕の敵である。

だから、僕は忘れよう。

 

彼女の事だけは信じよう。

そういう軽い言葉が、彼女を傷つける。

 

愛とは人により意味が違うけど、

自分より大切に思うこと。

 

絶対的な信用は、気が済むまで疑わなければ得られない。

 

ひとたび信じて愛したならば、彼女が悪でも、

地獄の底までお供しよう。

 

それまで、愛という言葉は封印しよう。