花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

重陽の節句

陰暦九月九日、重陽節句

陶淵明先生の事、書こうとしたのですがやめときます。

改めて読み返したのですが、僕が書くことは、

コップで海の水の量を語るような気がして…。

出来なくなりました。

文庫本でも出てますので、

興味のある方はご自分でお楽しみください。

 

聖人の教えを軽んじるようになったのはつい最近です。

明治維新の志士に憧れる方は多いようですが、

彼らの教育の根本は、聖人に学ぶことでした。

現代に行われてるような教育では、

彼らのような立派な人は出てこないでしょう。

現代の教育が古い教育を破って、

明治維新を成就させた訳ではないのです。

 

欧州でも、ゲーテシェイクスピアなど、

聖書の教えが活きてます。

聖人を手本とする人達の社会じゃないと、

なかなか信用できないし、醜い世界になるでしょう。

 

以前二十歳以上で、読書が趣味の人が、

聖書を読んでないのはもぐりと書いたのは、

読書を進めれば、聖書がよく出てきて、

気になってしょうがなくて、

聖書を読まずにいられないはずだからです。

 

聖書、四書五経は最低限、読書を進める上で、

必要な知識だと思います。