いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

純愛

今は、世間の荒波にもまれて、すっかり禿げてしまい見る影もないが、

若い頃は、竹下通りや横浜の元町を歩くと、

やれ写真を撮らせてくれとか、芸能界に興味はあるかとか、

やたら人に声をかけられた。

写真は許したがスカウトは全て、有名になりたくないと断った。

 

女子とのデートで竹下通りに行きたいというので、

そっちはやめようと言ったが、引っ張っていかれたら、

案の定たくさんの人に声かけられて、

その子も学校で言いふらして大変なことになった。

 

中一の頃、僕はまだセックスというものを全く知らなかった。

校舎の裏や、女子トイレの個室に連れていかれ、

べろべろ顔中舐められ、僕の手を股間や胸に持って行って触らせた。

そんな同級生の女子が何人もいた。

 

ある日クラスメートがうちに来た。僕らの他に誰もいなかった。

布団を敷いて二人横になっていたら、彼女が服を脱ぎ始めた。

「なんだ、暑いのか?」と聞くと、僕も脱げという。

タオルケットにくるまり、裸の体を触りあっていると、

女の子の息が荒くなり、はぁはぁと言い始めた。

「風邪ひいたんじゃないか?服着た方がいいよ。」といって、

服を着させた。まもなく彼女は自分の家に帰った。

訳が分からなくて、自転車屋のおじさんに相談した。

そうしたら、所謂裏ビデオを見せてくれて、

女に恥をかかせたと、こっぴどく叱られた。

女の子の股間はぺったんこのところに、

毛が生えているだけだと思ってた僕は、

そちらの方がショックだった。

 

中三の時、同級生の女の子二人と、

アパートの部屋でウイスキーをロックで飲んでいたら、

女の子二人がお互いの服をいやらしく僕の前で脱がせ始め、

ストリップショーを見せてくれ全裸になった。

学校では美人で通ってた二人だから、

めちゃめちゃエロかった。

 

中三ではセックスが日常になっていた。

人間関係が乱れ、煩わしさから逃れるように、

遠くの男子校に、一人で行くことにした。

中学の友達とは、この時縁を切った。

この頃から、厭世観に襲われ未来を創る気が無くなった。

 

今の中学生を見ると幼く見えるけど、

当時は自分の身体も、女子の身体も、

とても大人に見えた。

 

これが自分の過去なのか…。   

純情…

ばかげている。