花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

恋人達

 

春の兆しに 気が付けば

あなたと二人 歩いてた 

恋の終わりを はじめて知って

私の心は くらかった

 日に日にあなたが 近くなり

心は ほのかに 明るくなった

 

桜並木を二人歩けば

 

春の日そそぐ 穏やかな日

あなたはふいに「好きだ」と言った

私の心は喜んだけど

主語がないから しらんぷり

 

永遠の愛 壊れた恋

失くしたひと 立ち尽くす私

 嬉しさに 浮かれたいけど

失くした恋が そうさせない

 こんな私じゃ きらわれる

今でも好きでいてくれてるの?

 

イチョウ並木を 肩寄せ歩く

 

恋の葉 散らす 木枯らしが

二人の間 吹き抜ける

離さないでと 口にしたら

あなたは ギュッと 抱きしめた