花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

日本の夜明け

夕べ、たそがれから周りが真っ暗になると、よい(宵)。

夜中、あかつき(暁)は暗闇。

しののめ(東雲)は、夜が明ける前、東の空がうっすら明るくなる頃。

あけぼの(曙)は、空全体がうっすら明るくなる頃。

あさぼらけ(朝朗け)は、ほのぼのと空全体が明るくなる頃。

あしたは(朝)は、完全に夜が明けた頃。

 

この夜明けを見るのが楽しくて、

夜九時頃就寝して、朝三時頃には起床しています。

読書をしてから、神棚、仏壇を整えて、祝詞とお経を読み、

座右の銘を読み上げて、散歩に出かけます。

 

薄暗い公園の高台で腕を組み、

「日本の夜明けは近いぜよ!」と、

言いたい衝動を抑えています。

 

この言葉言うと気持ちよく、

とてもいいストレス解消になります。

人に見られると恥ずかしいですが。

一度お試しあれ。