いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

クリスマス・ストーリー

クリスマス色に染まる街並み

忙しい二人だけど イブからクリスマス

一緒にいられるから嬉しい

パイプオルガンの演奏を聴けば

心はすっかりクリスマス

宵闇彩るイルミネーションと鈴の音

手をつないで歩く オレンジ色の恋人達

ホテルで二人だけのクリスマスディナー

キャンドルの灯りに酔わされて

部屋に戻れば あなたの腕に抱かれ

幸せな夢の中 私は眠る

 

クリスマスの朝 眠りから覚めても

夢から覚めない

港を見下ろす公園のベンチに座り

身体を寄せ合い ただ黙って景色を見ていた

時のたつのを忘れ 穏やかな幸せが二人を包む

あなたが突然話し出す

「クリスマスに僕の願い、叶えてくれますか…

君を失いたくない、ずっと一緒にいて欲しい。

結婚してください。受け取ってくれますか、この指輪を。」

 

私は嬉しくて涙が溢れ 言葉にならない

何度も何度もうなずいて あなたの胸に飛び込んだ