花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

立冬 末候 金盞香

きんせんかさく

 

金盞花は水仙の事だそうです。

開花時期は11月から3月。冬に咲く花。

上品な香りと、清楚なたたずまいが、

冷たい冬を、彩ってくれます。

 

旧暦十月の別名は神無月。

神様たちが出雲の国に出かけて留守にするから。

逆に出雲では神在月というそう。

 

うちの苺の蔓が伸びて、

その先に葉と根があったので、

鉢を置いたら根付きました。

二株だったのが四株に増えました。

先が楽しみです。

 

季節の歌

ゆふされば 衣手さむし みよしのの よしのの山に み雪ふるらし

                       (古今和歌集 冬歌)

夕方になったところ、袖までも寒いものである。

この様子では、あの吉野山では雪が降っていることだろう。

 

小春日和もありがたいですが、寒暖の差が激しい季節ですので、

お体ご自愛下さい。