花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

金曜恋歌 四

おとは山 おとにききつつ 相坂の 関のこなたに 年をふるかな

                     (古今和歌集 恋歌)

あなたの事を噂で聞きながら、

会うことのできないで年を過ごしてしまうことよ。

 

会えなくなった人を、どれくらい覚えているのでしょう。

もう無理だろうなと思うのは結構早く、

ひと月、ふた月ぐらいでそういう気持ちになる。

でも恋心は思い出となり、とても優しく、

現実の枯渇をうるおす存在として、

胸の中で生き続けます。