花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

金曜恋歌 5

立ち帰り あはれぞと思ふ よそにても 人に心を おきつ白波

(古今和歌集 恋歌)

繰り返し繰り返し恋しいと思うことである。

遠く離れていても、私はあなたに愛情を寄せ切っている。

 

遠く離れた愛しい人に、送りたくなる歌ですね。

相手の方がよく調べる人ならば、訳は載せないで贈りたい。

 

僕は、本当に辞書をよく引く癖があるので、

本でも歌詞でもわからない言葉はすぐ引きます。

その時に単純な意味しかない言葉で、

何の広がりも見せないと、簡単な言葉使え!ってなりますが、

逆に、凄い広がりを見せる言葉だと、

おお!っと感動することが有り、

この作者を尊敬してしまいます。