花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 狂奇冴感 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

クリスマスについて 3

【サンタクロース】

モデルは聖ニコラウスといわれています。

彼の家の隣に、ある没落貴族の一家が暮らしていた。

隣人には娘が三人おり、長女に縁談が持ち込まれた。

しかし、隣人には娘の持参金はおろか、

その日の生活にも事欠くありさまだった。

仕方なく娘たちを売春させて、生計を立てようと考えていた。

これを聞いたニコラウスは、夜中にそっと隣家の窓から金塊を投げ入れた。

その金塊が吊るしてある靴下に入った。

(クリスマスプレゼントを靴下に入れるのはここからきているらしい。)

翌朝、金塊に気付いた隣家は神に感謝の祈りを捧げ、

長女の婚礼を上げることができた。

次女の時も金塊を投げ入れ、隣人は心から神に感謝をした。

「私にこれ程援助の手を差し伸べてくれる、神の僕はいったい誰であろう。」

ニコラウスが三番目の娘の為に金貨を投げ入れると、

気が付いた隣人は彼の跡を追いかけた。

「どうかお待ちください、せめてお顔だけでもお見せください。」

ニコラウスであることを知った隣人は、

彼の足元に伏して接吻をしようとした。

ニコラウスはそれを押しとどめて

「このことは内密にお願いします。他言しないで下さい。」と言った。

 

この話が劇などになり世界に広がり、

北欧に伝わると聖人は北極の住人となり、

トナカイのひくそりにのる、

現在のサンタクロースが誕生したらしいです。

聖ニコラウスをオランダ語で発音すると「シンタクラース」となり、

それがなまってサンタクロースになったそうです。

 

【クリスマスツリー】

クリスマスの飾りつけをする木といえば、モミの木が代表的です。

常緑樹が用いられるのは、一年を通じて緑を保つところから、

生命力の強さを感じるためといわれています。

一番上の先端に付ける星は、希望。

ベルや柊は、魔よけ。

林檎や赤い玉は、永遠の象徴。

杖は、助け合いの心。

キャンドルは、世の中を照らす光。

クリスマスツリーの装飾品には、それぞれ意味が有ります 。

 

【今年のクリスマス】

何年か前、十和田湖の冬のお祭りで、

ホットワインを飲みながら雪の中、

歩いたことが有ります。

お店なども換気で涼しいでしょうから、

いつもより厚着して、あったかいお酒で過ごしたいですね。

 

また、携帯用ポットなどにホットワインを入れて、

公園なんかで静かなクリスマスを過ごすのもよさそうです。

 

いずれにしても、悪い風邪などひかぬ様にお気を付けください。