花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

教育勅語に触れる 2

爾臣民 父母に孝に兄弟に友に 夫婦相和し 

朋友相信じ 恭倹己を持し 博愛衆に及ぼし

学を修め業を習ひ 以て智能を啓発し徳器を成就し

進で公益を広め世務を開き 常に国憲を重じ国法に遵ひ

一旦緩急あれば義勇 公に奉じ 以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし

是の如きは 独り朕が忠良の臣民たるのみならず 

又以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん

 

 

あなた方国民は 親には孝行 兄弟は仲良く助け合う

夫婦はお互いやわらぎ 友人はお互い信じあい

人に対して慎み深く 控えめにふるまうことを忘れず

全ての人を等しく愛することを人々に行き渡させる

学問をおさめ 仕事を身につけ 

智能について人々の気付かないような物事を教えわからせ

道徳を守る性質を完成させ

社会一般の利益を広め 世の中の務めに花を咲かせ

常に憲法を重んじ 国法に従い 

一旦 危険や災難の差し迫った状態になれば

正義と勇気で公に奉仕をして

天地と共に永遠に続く 天皇の権威を助け守ること

このようであることは 我 天皇一人のための

忠義で善良な国民 ということではなく

あなたの初代以来先代までの人々の 昔から伝わる習慣と

善行などをたてて 広く世間に知らせることに達する