花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 狂奇冴感 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

初夢

初夢は、31日から元旦にかけてみる夢、

いやいや、1日から2日にかけてみる夢、

いやいや、2日から3日にかけてみる夢など、

諸説ありますが、年明けて、初めて記憶に残る夢、

ということでいいのではないでしょうか?

 

縁起の良い初夢に、一富士二鷹三茄子などと言う言葉があります。

これにも諸説ありますが、

有力なのが、徳川家康公の好物を並べたものだそうです。

景色では富士。趣味は鷹狩り。食べ物は茄子。

それを夢に見てあやかろうとしたとか。

 

寝ている間に見る夢の他に、

将来の目標を夢という場合があります。

「夢を持て!」とか「夢があるからやってこれた。」とか、

「夢がかなった。みんなにもこの思いをさせてあげたい。」

など、おせっかいな言葉が、若かった僕を苦しめました。

たいていの人は、夢なんて無いですよね。

自分が上手くいかないのは、夢がないからなんだとか、

夢がないから死にたくなったなんて、

随分、ネガティブな思いを持たされました。

 

物事は考えようで、

夢が有る奴は、一つのことしか熱中できないけど、

夢が無ければ、すべてに熱中できる。

夢が有る奴は、とても不自由そうだけど、

夢が無ければ、とても自由になれる。

夢が有る奴はあってもいいけど、夢がない奴は無くてもいい。

夢の有る無しで、人間の価値など変わらないし、

そんなことで、自分を窮屈な檻の中に閉じ込めないで欲しい。

 

今、割といいこと言ったけど…、

ミキプルーン飲みたい…。

あのCMおもしろいですね。

ではでは。