花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

金曜恋歌 9   

たよりにも あらぬおもひの あやしきは 心を人に つくるなりけり

                        (古今和歌集 恋歌)

言伝を運ぶ使いでもない物思いの不思議なことは、

私の恋情をあなたに届けたことであるよ。

 

本当に好きな女性を大切に想う気持ちが、

相手に伝わることは嬉しいこと。

 

年末年始は、子供の頃を思い出した。

僕は自分が相手を好きという気持ちより、

相手が僕を好きなのだろうか、

相手のことを気にしすぎて、そちらを優先した。

 

でもそれは間違いだった。

自分が人を好きになった気持ちを疑ったら、

この世に信じられるべきものなどない。

今更気付くなんて、遅すぎた。