独りの時は、ほんとの出会い  いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

         大人のブログですので、子供の閲覧禁止。         個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日 9 

医療現場でトリアージが始まっていると聞きます。

それが本当なら、今の日本は、

仕事なんてしていられる状態じゃないと思います。

 

【スキーの思い出】

あまりスキーが上手くない先輩が、

スキーガイドで八海山スキー場の、

延々と続くコブ斜面を見て行きたいと言い出した。

先輩には無理だからやめた方がいいと言ったのだが、

どうしても行きたいというので、一回連れて行った。

先輩はリフトの一日券を買ったが、

僕はそんなに滑れないことを予想して、

一回ごとに切符を買うことにした。

山頂から少し滑って振り返ると、

先輩は立つことすらできないほど怖がっていた。

僕はそこから登るのは無理そうなので、

大急ぎで下まで滑ってリフトで山頂まで登り、

先輩に追いついた。

とにかく先輩を立たせて、

僕も後ろ向きのボーゲンでブレーキかけながら、

何とか下まで下すことが出来た。

僕の方がへとへとで下で倒れていると、

「もう一本行く?」と先輩が聞いてきたので、

「勘弁してください。」と断った。

 

それから、スキーは諦め雪見の露天風呂に入った。

お湯もぬるめだったので、

「いくらでも入っていられるね。」と、先輩が言ったので、

「のぼせないで下さいね。」と言って、僕は先に出た。

暫くしても出てこないので、ふろ場に行ったら、

先輩がのぼせてぐったりしていた。

少し休んで車で帰ってきたが、

助手席でぐったりしている先輩を見て、

世話が焼けるなぁと思った。

 

【ラーメン屋】

「うまいラーメン屋見つけたから食いに行こうぜ!」

昔、友人に誘われていった。

カウンターに座り、ラーメンが出てきて食べ始めると、

「うまい?うまい?」

と、友人がはしゃぎながら聞いてきた。

お店のおじさんも、こちらをちらちら気にしているので、

「うまい。」としか答えようがなかった。

 

【思ひ出】

小学二年生の頃、もう火が使えた僕は、

友達とあしなが蜂の巣に爆竹を仕掛けた。

蜂が刺すという知識が無かったので、

向かってくる蜂に腹を立て、

一匹ずつ手でつぶしたが、次から次へときりがなく、

僕らは、悔しかったけど逃げた。

顔がキャッチャーミットのように腫れあがり、

具合が悪くなったけど、次の日学校へ行った。

先生に、どうしたと心配され、

黒と黄色の縞々は、だいたい危険だと教えられた。

  

【責任】

A「今回の不祥事をどのように感じますか?」

B「責任は、すべて私にあります。」

A「どのように責任を取りますか?」

B「この仕事を続け、成果を出すことで、

責任を果たしていきたいと思います。」

A「そんなことで、責任を感じないのですか?」

B「だから何度も言っているじゃありませんか!

責任は私にありますって!」

 

【先週の言葉】

成功だけの人生も、失敗だけの人生も無いはずなのに、

失敗した事だけ、人の記憶に残るのは、

きっと、成功より失敗の方が魅力的だからです。

って、誰の言葉ですかって聞かれるけど、昔の友人の言葉で、

今は外科医になって、手術とかやっていますと答えている。

  

【名言・格言】

テレビに出ればスターになるんであって、

スターがテレビに出ているわけじゃない。(無名人)

 

【流れ星】

人工の流れ星なんて、しらけてしまう。

本物の流れ星の価値もなくなる。

偶然は人生の喜びの一つなのに。 

 

【イチャイチャ】

この言葉の語源は、

男性が女性の性器を触っていると、濡れて出てくる音、

「ピチャピチャ」からきていると言われています。

この間、NHKに女性シンガーソングライターが出て、

私、イチャイチャするのめっちゃ好き!って言ってた。

直訳すると、私、男性に濡れた性器をいじられ、

ピチャピチャ音たてるの、めっちゃ好き。

女性歌手が、平気でこういうこと言える時代になったんだ。

僕らの時代は、鶴光師匠が、「乳頭の色は?」と聞いて、

若い女性が「ピンク~。」と答える程度だったが。

ちょっと、僕の常識がずれていましたね。

全ての女性を処女の如く接しないと、

今はセクハラになると思っていたから、

女性がこのことを隠さないのは助かりますね。

 

元々人間は、避妊を考えながら交尾を楽しむ動物です。

ホント馬鹿ですよね~。他にこんな動物いるのかな?

おまけに、男も女も一年中発情期。これが現実です。

拒絶できない理ですから、受け入れるしかない。

余程、欲望を抑える訓練をしていない限り、

パートナーの浮気は、致し方ありません。

現実を理解すれば、彼氏、彼女の浮気も許せるはず。