花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

古教心照 吉田松陰先生編 士気七則 

一、士の道は義より大なるはなし。義は勇に因りて行はれ、勇は義に因りて長ず。

一、士の行いは質実、欺かざるを以て要と為し、功詐、

  過ちを以て文るを以て恥と為す。光明正大皆是より出づ。

一、人古今に通ぜず、聖賢を師とせずんば、則ち鄙夫のみ。

  読書尚友は、君子の事なり。

一、徳を成し材を達するには、師恩友益多きに居る。故に君子は交遊を慎む。

 

 

【訳】

一、武士の道として大切な事は、義ということである。

  その義は勇気によって実践され、勇気は義を理解することによって、

  より大きく成長する。

一、士の行いにおいては、真面目で、飾り気なく、人を欺かないことが肝要である。

  人をごまかし、いつわり、自己を飾ることを恥とする。士が道理を正しく、

  心が潔白であることは、これらの理由に基づくのである。

一、人間でありながら、古今の出来事に暗く、聖賢を教えの先生にしない者は、

  心の賤しい男である。読書を好み、昔の聖賢を友とすることは、

  君子の為すべきことである。

一、徳を立派に磨き、秀れた働きのできる人物になるためには、恩師や、

  有益な友人の多いことが条件である。したがって君子は人との交流に慎重である。

 

義は勇気によって、勇気は義によるという感覚はよく分かります。

人をごまかし、いつわり、自己を飾ることを恥とするのもその通りだと思います。

読書を好み、昔の聖賢に教えを乞うのも大切な事。

君子は人との交流に慎重である。

確かにこれらの事を実践する人は立派だと思います。

あくまで、士気七則は立派な人間に為るための教えです。

この教えの守らないほうが、

実力以上の名声と報酬を手に入れられる可能性は高くなります 。

古今東西、富を手に入れた人たちを見て下さい、立派な人などいやしない。

それを望む方は、そちらの人に教えてもらってください。

たぶん、本当のことは教えないと思うけど。