花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

月曜日のぼやき

世界維新

【管子】

信頼されるリーダ-とは。

自己の修養に勤め、国を治め、天下をまとめること。

自己の修養をに努めるとは、無謀なことをせず体に気を付けること、

度量を広くすること、徳を積む事、これが修養の方法です。

国を治めるとは、遠近を問わず人材を集める、人民を愛する、

滅んだ国を復興させる、道徳のすたれた社会を作り直す、

国事に倒れた臣下の遺族を召し抱える、税金を軽くする、

刑罰を少なくする。これが国を治める道です。

この道が行われれば、法律は厳格に執行され、しかも過酷になりません。

刑罰は減り、しかも信賞必罰になります。

役人は寛大になり、しかも人民はつけあがらなくなります。

不名誉に泣く者や目の出ない人間は法の庇護を受け、

いつかは陽の目を見るようになります。

人民はどこでも往来でき、胃兪も楽しい生活を送るようになります。

これが天下をまとめる方法です。

 

【下り坂の夢】

今は変化の時なんだと思う。

時代遅れの産業から新しい時代に適した産業に移行すべきだと思う。

法人にお金をつぎ込まず、無職の人の生活を守るためにお金を入れる。

時代に合わない産業は廃業させ、

新しい時代にあった産業を発展させるのが、政治の役目だと思う。

時代の変化の中で、命を落とす者がないようにするのも政治の仕事だと思います。

 

【付箋の跡】

明治維新の志士たちが、十代・二十代ですでに、立派な心掛けや思想と風格を持ち、

堂々と活躍したが、それも実はあえて異とすることでは無いのである。

それは彼らの幼少時代からの教育がそうあったので、

学問修行が相待てば普通人にできることなのだ。  (安岡正篤先生)

 

ぼやきびと

・代表質問を聞いていて、コロナで日本がこんな状態に陥ったこと、

 政府は責任感じていませんってことなのかな。無責任だなぁ。

・自転車は、車道を通行しても、歩道を通行しても、危険な乗り物だ。

・コロナの報道観ていて、政治家も政治家なら、評論家も評論家だ。

 専門家にしても…ダメだな、この国は。

・専門家の意見がどうだろうが、やったやらないの責任は、

 総理にあるんだぜ!

・「悪いのはコロナだからね。」の閣僚の発言がありました。

 そもそもウイルスは善も悪もなく存在するもの。

 悪いのは感染拡大を防げなかった政府。

 それさえ自覚できない能無しなら、隠居してください。

・男で子供好きというのは、まずいない。

 父親になってしまった男は、かなり無理していると思う。

・日本は言論の自由がある国のはずなのに、組織というもののせいで、

 自由に発言できない国になってしまっている。

 日本においても、命を捨てる覚悟にならなければ自由は手に入らない。