花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

大寒 末候 鶏始乳  

にわとり はじめて とやにつく

鶏が卵を産み始める頃

 

まだまだ寒い日が続きますが、

暦の上では、いよいよ冬も終わりになります。

今年は節分が二月二日とされていますので要注意。

 

【二月の行事】

節分(2月2日) 昔は季節の変わり目には邪気が生じると考えられており、

       節分には鬼や災難を追い払う厄除けとして、

      「追儺」の行事が行われました。

       立春を年の改まる日と考えていたので、

       節分は一年の穢れを払い無病息災を願う風習でもありました。

立春(2月3日) 二十四節季の一つ。春の訪れ。

       ・春一番 立春後に初めて吹く、強い南風。

初午(2月3日) 二月最初の午の日を初午といい、

        稲荷神社に家内安全・商売繁盛を願い参拝する風習があります。

針供養(2月8日) 裁縫の上達やけがをしないように願い、

        折れたり使い損じたりした針を、

        豆腐やこんにゃくに刺したり紙に包んだりして神様へ供えたり、

        納めたりする行事です。

 

生命の息吹を感じる季節は、すぐそこまで来ています。

 

梅の花 それとも見えず 久方の あまぎる雪の なべてふれれば

                      (古今和歌集 冬歌)