花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日 13 21,2,10

彼は三本の矢の逸話が余程気に入らないらしく、

渾身の力を込めて三本の矢をへし折って見せた。

彼は達成感と安堵感の入り混じった表情でこちらを見つめていた。

 

【本】

本棚を見ると、たくさんの本たちが並んでいる。

人に傷付き、絶望し、死のうと思った日のこと。

絶望から立ち上がり、自分を変えて歩き出そうと、決意させてくれた本。

僕の本当の師であり、一緒に戦った戦友であり、励ましてくれた親友。

素敵な女性と出会ったとき、恋の言葉を教えてくれたこともあった。

本だけは僕を裏切らず、ずっと一緒にいてくれた。

僕の本当の心の友。今まで本当にありがとう。

僕の最後は人ではなく、この本達に看取られたい。

それは世間的には、孤独死といわれるかもしれないけど、

僕にとっては、たくさんの心友に送られる、最高の死に方。

 

【イマジン】

歌詞を読むと、ホームレスに憧れている人の歌だと思う。

最近の若い人が、うっとりとこの歌、歌いますが、

歌詞を一行目からよく読んで、想像してみてください。

この歌詞に出てくるジョンが語る理想の生き方、

何も所有しないという生き方に近いのは、

ホームレスの人達の生活だと思います。

でもホームレスの人達の間でも争いはあるものです。

我々は、生きている限り、肉体を所有しているもの。

その事実は避けられないことなので、

所有することを前提に平和を考えなければ、

実現不可能で、無責任な平和主義者でしかないのです。

だから僕はこの歌大嫌いで、

少なくともうっとり歌うようないい歌詞ではないと思います。  

 

【転校生】

中学の時、大阪から転校生が来た。

当時は、大阪の人みんな面白いイメージだったから、

こちらも期待していた。

その転校生は初日の挨拶で、血の気が引くほどすべった。

いきなりキャラ変して、頭いい人みたいになった。

僕らの学校はテストの点数読み上げて一人一人返す学校だったから、

最初のテストで、頭がいいキャラも崩れた。

次第に影が薄くなり、誰も気にかけなくなった。

「中学生はな、一年で売れなきゃあかんのや。

プロの芸人より、厳しいんやで!」と、

ある日僕に話しかけてきた。

「なんか、大変なんだな。」と言ったら、

「そうや、奥が深いんや。」と言っていた。

 

大阪人が面白いというイメージがなくなった今は、

ずいぶん、大阪の人も楽になったと思う。

  

 【昭和の思い出】

お正月なんか僕の乗ってるポンコツ車、後ろからぶつけられまして、

お正月だけに音が「ガンターン」なんて。    (林家三平師匠)

  

【アーティスト】

金儲けのために、次から次へと作品をこしらえるのは、

クリエイターでもアーティストでもなく、

単なるワーカーでしかない。

    

音楽缶鑑賞】

宮川愛李さん Reboot 

とても心地いい音域のある声のをもった人。

 

ColorーCodeさん  Brand New door

いい音楽。

 

Hakubiさん 在る日々

MVも含めて、センスがいい。

かなり気に入りましたので、

CDでアルバム化したら買いたいです。

 

【うたコン】

 なんか、全ての歌い手さんが、歌いにくそうだった。

 

【好きな歌】

片思い  浜田省吾さん

あの人のことなど もう忘れたいよ

だって どんなに想いを寄せても

遠く叶わぬ恋なら

 

若い頃、失恋したときは、心に沁みすぎて、

この歌聴けなかった思い出があります。

 

 【語源辞典から】

がん黒 肌を焼き顔を真っ黒にしている人。

    「がん」は若者言葉で強調を表す「ガンガン」からきた言葉で、

    顔ではない。訳すと「とても黒い」という意味。

  

【名言・格言】

私はねー、ボクシングに出会ってから、人生観が380度変わったんです。

                            (ガッツ石松氏)

 

【誕生花】

ヒマラヤユキノシタ  花言葉 秘めた感情

この日生まれた方は、全般にテンション低めですが、

ひねりの効いたジョークや皮肉をさらりと言えて、

集団の中で一目置かれるタイプ。とあります。

誕生日の方はおめでとうございます。