花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

花の木曜日 21,2,11

僕の故郷 東京

神田  伊勢神宮に収める稲を育てる田んぼ=神田(しんでん)が、

    置かれていたことに由来する。

    この田の鎮守として建てられたのが神田明神

    今では商売繁盛の神様として参拝客が訪れる。

 

憧れ人の言葉

失恋はな、名誉の負傷じゃないんだから、

偉そうに見せびらかすんじゃないんだよ。  (寅さん)

 

白蓮さんの歌

露まろぶ 小笹の上の 月影も 命ありきと 涙ながるる

 

粋・色・歌

【粋】

浅葱裏(あさぎうら)  浅黄色とも書き、

          新選組の羽織に使われた水色のことです。

 

参勤交代で殿の江戸出立の供に従ったのが浅黄裏と呼ばれた。

田舎生まれの田舎育ち、無知で野暮で威張り屋のケチ。

彼らは一様に、羽織の裏に安物の浅黄木綿を用いていたので、

ついたあだ名が浅黄裏。遊びに行くのは吉原と決まっていたが、

そんな訳で、最大のお客さんだが娼̪妓にもてない。

 【色】

愛咬(あいこう)  体の一部を痛みを感じない程度にかむこと。

        性交の前に愛情の表現として行ったり、

        性的感情を高めるために行われる。

 【艶歌】

自分では見えぬ部分を見つめられ 毛穴閉じたり開いたりする

                      (川上史津子氏) 

【唄】

立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花

 

 

【誕生花】

2月11日  イベリス  花言葉 甘い誘惑

      周りの空気を読まず自分勝手な発言をするような、

      ちょっとわがままなところがあるそうです。

      誕生日の方はおめでとうございます。