花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

土曜詩歌  島崎藤村先生編 21,2,13

初恋

まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり

 

やさしく白き手をのべて

林檎を我にあたへしは

薄紅の秋の実に

人こひ初めしはじめなり

 

わがこころなきためいきの

その髪の毛にかかるとき

たのしき恋の盃を

君が情けに酌みしかな

 

林檎畑の樹(こ)の下に

おのづからなる細道は

誰が踏みそめしかたみぞと

問ひたまふこそこひしけれ

 

 

僕の大好きな詩です。

今、古い文庫本見ながら書きましたが、

もう三十年以上前のものです。

僕もまだ二十歳そこそこで、

詩を読み漁っていたころでした。

島崎藤村先生にははまりましたね。

 

【誕生花】

2月13日  アルメリア  花言葉 深く共感します

      この日生まれた方は、優しい性格で、

      困っている友人や、病気の人に手を差し伸べます。

      とあります。誕生日の方はおめでとうございます。