独りの時は、ほんとの出会い  いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

         大人のブログですので、子供の閲覧禁止。         個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日 15  21,2,24

本を読まないということは、そのひとが孤独でないという証拠である。

                          (太宰治先生) 

【男性の血管が浮き出る所が好き】

ピュアだからだと思うのですが、若い女性で、

男性の筋肉で血管が浮き出ている所が好きという方がいますが、

だいたいの男性は筋肉質でなくても興奮して硬くなれば、

血管が浮き出る所がありますので、大人の男女はどうしても、

そちらを連想してしまい、言葉が一瞬詰まります。

 

【名曲紹介】

赤いスイートピー  松田聖子さん

春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ

煙草の匂いのシャツに そっと寄り添うから

 

時代も時代だったので、僕らの学生時代は喧嘩ばかりだった。

中学の時、大きな樹の下、彼女の膝枕で束の間の休息。

その時彼女がこの歌うたってくれた。

木漏れ日のなか、見上げる彼女の顔がきらきらしていて、

ああ、幸せとはこんなことをいうのかと思った。

 

【美的感覚】

最近のメディアに出ている男女に美形が見当たらないので、

自分の美的感覚がおかしくなったかと思い、

子供の頃美しいと思った、ヘップバーンやジミー、

高倉健さんなどの映画を見直してみました。

ああ、自分の美的感覚は衰えていなかった。

そんな、ジェームスディーンの言葉に、

「名作ならもう、ズラリと釘に引っ掛けてある。

僕はその名作ってやつを干して、乾かせばいいだけさ。」

というものがある。本当の意味は違うのかもしれないけど、

音楽にしても、映画にしても、小説にしても、物語にしても、

哲学書にしても、思想に関する書物にしても、もうこの世には、

名作と言われるものが、山ほどある。

もう、作る必要はないんじゃないかな。

演者や製作者は、名作を洗って干して乾かせばいいと思う。

   

【語源辞典から】

ミーハー  最近は男女問わず言われているようですが、

      もともとは、程度の低い女性たちを嘲って言う言葉。

      戦前、女性の名前に最も多く使われていた言葉に「美」と「花」

      の二文字が挙げられた。このことから、当時の若い世代の中でも、

      程度の低い女性を揶揄して「みいちゃんはあちゃん」と呼んでいた。

      これが戦後になって省略されて「ミーハー」となった。

 

【名言・格言】

中心なき組織は機能しない。  (野村克也氏)

 

【誕生花】

2月24日  アイスランドボビー  花言葉 慰め

      この日生まれた方は、見つめられると、

      抵抗できなくなるような魅力があり、

      感情を体で表現する才能に恵まれています。

      とあります。誕生日の方はおめでとうございます。