花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

月曜日のぼやき  21,3,1

世界維新で世界の病気平癒

【下り坂に思う事】

多数決は、究極の平凡を決める方法でしかない。

 

【管子】

十一の原則

有徳の事物に政治を担当させること

農業生産を向上させること

生活必需品の生産を振興すること

民意にかなった政治を行うこと

適材適所主義に徹した人事管理を行うこと

どんな犯罪も見逃さずに処罰すること

功ある者にもれなく褒賞を与えること

不可能な事業に手を付けぬこと

無理な要求を出さぬこと

永続性のない政策をとらぬこと

場当たり的な策を弄せぬこと

 

孫子

誰にも打ち勝てない状況とは守備にかかわることである。

誰でも打ち勝てる状況とは攻撃にかかわることである。

守備をするのは戦力が足りないからで、

攻撃をするのは十分な余裕があるからである。

守備の上手な人は大地の底の底に潜み隠れ、

攻撃の上手な人は天界の上の上で行動する。

どちらにしても体制を表さない。

だから見方を安全にして、

しかも完全な勝利をとげることが出来るのである。

 

【付箋の跡】

教育とは、教師が生徒の手本となって、

生徒を実践に導いてゆくことであって、

ただ言葉や文句で教えることでは無い。(安岡正篤先生)

 

ぼやきびと

・欧米は自分たちの価値観が正しいという思い上がりを改めるべき。

 いつしか欧米の価値観を正義とみなし世界に広げられてしまったけど、

 中国の価値観があってもいいと思う。日本も日本の価値観を取り戻すべきだと思う。

 極端に言うなら男尊女卑の国があっても、非難するべきではないと思う。

 国家は民族を守ることが重要で、そのための制度を構築していく必要がある。

 アメリカという国は特別で、民族を守る価値観がないため、

 物凄く異常で受け入れがたいもので有る。

 他国を非難する前に、米軍人が日本で犯罪や事故を起こした時の、

 完全な捜査権を日本に渡すべき。

 各国とも日本においては、日本の法律に従うべき。

 核保有国であるアメリカが、他国に核を持ってはいけないというのは、

 馬鹿も休み休みに言えというものだ。

 そもそもアメリカこそ、土地を奪った侵略者の作った国じゃないか。

・二歳児のCDデビューは、幼児虐待だと思う。

・だから男性は駄目なんだといわれても、

 男性は男性蔑視と言って仕事を止めない。

 決定的な違いが現実にある。

・男は法よりも誇りを重視する生き物だから、法の支配の国でも、

 誇りをかけた戦いなら、殺されることも覚悟しておいた方がいい。

 あおり運転しておいて車外に出てきたら、普通の男なら轢く。

・欧米では聡明才弁を目指しているようで、図体はでかいが人間がちっさい。

 東洋は聡明才弁は大したことなく、豪傑の方が優秀だと気付いている。

 ただ豪傑を直接目指すと、似非豪傑になるので、深沈厚重を目指すべき。

・「スターウォーズ」テレビでやっていたけど、つまらな過ぎて途中で見るのやめた。

 「スターウォーズ」の続編全部つまらなかった。

 最初の三部でやめておけばよかったのに。

 ワイヤーというからくりが、世間に周知されているのに、

 それをやるとインチキ三流映像になることがいつになったらわかるのか。

・僕は信用というものに命を懸けない奴と、仕事も恋愛も友情もしたくない。

 残念なことに、そんな奴に出会ったことがない。

 だからなるべく目立たないように生きている。

・女の扱いに、やたらと注文つけてくる社会は馬鹿げていると思う。

 もう本当に、女と関わりたくないね。

 人事の採用担当が言ってたけど、

 男は女と働きたくないっていう人前から多くて、

 最近では、女も女の扱いめんどくせぇって人多くなってきたそうですよ。

 理想ばかり掲げないで現実見た方がいいですよ。

・いいことした大人にお礼を言うのは結構だけど、

 褒めるのは失礼なことだと思う。

 褒めるのは相手を目下にするわけだし、

 自分を評価する側に置くのは、思い上がりだと思うのです。