花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

月曜日のぼやき  21,3,8

世界維新で世界の病気平癒

【下り坂の夢】

欧米の思想は正しくないし、進んだものでもない。

各国とも、欧米により破壊された、国の伝統を取り戻そう。

 

【管子】

有徳の人物が政策を担当する限り国家は安泰である。

農業生産が向上すれば食料は欠乏することが無く、

生活必需品の生産を振興すれば民生は豊かになる。

民意にかなった政治を行えば君主の威信はあまねく行き渡り、

人材を適所に配慮すれば万事は順調に運ぶ。

刑罰を厳正にすれば悪事を働く者はいなくなり、

褒章を後世に行えば苦労を厭うものはいなくなる。

人民の力を把握していれば事業計画は必ず完遂できる。

人民が強制を意識しなければ義務を逃れようとはしなくなる。

むやみに収穫をしなければ君主を恨む者はいなくなる。

人民を欺かなければ上下の関係は信頼によって結ばれる。

 

孫子

勝利を読み取るのに一般の人々にも判る程度では最高に優れたものではない。

戦争して打ち勝って人々が立派だと褒めるのは最高に優れたものではない。

戦いに巧みな人が勝った場合には、人目を引くような勝利はなく、

智謀優れた名誉もなければ、武勇優れた手柄もない。

戦いに巧みな人は、不敗の立場において敵の負けるような機会を逃さない。

勝利の軍は、開戦前にまず勝利を得てそれから戦争し、

敗軍は、まず戦争を始めてから勝利を得ようとする。

 

【付箋の夢】

幕末から明治の初めに行われた塾式教育の時代には、

行儀作法から始めて極めて具体的、個性的、実践的に学問教育が行われてきましたが、

それが近代の学校制度になるに及んで、多数の生徒が一堂に集まり、

教科書を使って勉強するようになりました。

それから子弟も人間と人間との関係、直接の関係がなくなって、

ただ知識本位、理論本位に終始して、

次第に人間としての具体的な存在や行動から遊離してまいりました。

                         (安岡正篤先生)

ぼやきびと

・香港問題はもともと中国の土地なのだから、中国を支持するべきだと思う。

 むしろ、奪っていた英国をもっと非難するべきだと思う。

 英国が正当化されるのはおかしいことだと思う。

・侵略を正当化してきたアメリカが、他国の侵略を非難するのはおかしいと思う。

 アメリカこそ解散して、先住民に土地を返すべきだと思う。

 歴史を学べば、欧米こそ悪の根源だとわかるはず。

 多分この二百年は、その報いを受けるのだと思う。

 欧米には不吉の兆しが見える。日本はこの泥舟から如何にに降りるかが問題。

・この五年間で、国際社会の法による秩序というものは崩壊したといえるだろう。

 無法地帯と化した国際社会で、日本が生き抜くとすれば核武装しかないと思う。

 米国と中国が戦争すれば、どちらもメンツにかけて引けなくなる。

 だから米国と中国を戦争させられないし、滅多な事ではしないだろう。

 それに乗じて、中国は攻勢を仕掛けてくると思う。

専守防衛の日本は、日本が戦場になることは避けられない。

 それなのに、日本は戦いに有利なように整備されていない。

・管理職はそれに適した能力のある人が成るべきで、

 極端に言えば、全員女性でも構わない。

 そこに男女の比率を考慮して調整が入ると、

 とてもいい加減な決め方になると思うのです。

・我が国において、戦後の政治はことごとく失敗していると思う。

 男性の管理職やリーダーが、好成績を出しているとは言い難い。

 いっそのこと、女性に管理職やリーダーをやってもらった方が、

 いい社会になるかもしれない。

 各国を見れば男女の別より、優秀の基準が間違っているのだと思う。

 成功している国はないと思う。

・プロポーズの時によくあるセリフ「君を幸せにする」。

 こんな言葉、真に受けちゃだめですよ。

 人を幸せにするのは大変な事だし、

 聖人君子でもそうできるものじゃない。

 僕なんか、真に受けちゃって五十過ぎて無理だと悟った。

 せいぜい「不幸にさせないように頑張ります。」が限界。

 「君を幸せにする。」なんて言っちゃう奴はペテン師だと思う。

・コロナワクチンは、千人以上の死者が出ているので、

 一旦停止するべきだと思います。