花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

月曜日のぼやき  21,3,8

世界維新で世界の病気平癒

【下り坂の夢】

欧米の思想は正しくないし、進んだものでもない。

各国とも、欧米により破壊された、国の伝統を取り戻そう。

 

【管子】

有徳の人物が政策を担当する限り国家は安泰である。

農業生産が向上すれば食料は欠乏することが無く、

生活必需品の生産を振興すれば民生は豊かになる。

民意にかなった政治を行えば君主の威信はあまねく行き渡り、

人材を適所に配慮すれば万事は順調に運ぶ。

刑罰を厳正にすれば悪事を働く者はいなくなり、

褒章を後世に行えば苦労を厭うものはいなくなる。

人民の力を把握していれば事業計画は必ず完遂できる。

人民が強制を意識しなければ義務を逃れようとはしなくなる。

むやみに収穫をしなければ君主を恨む者はいなくなる。

人民を欺かなければ上下の関係は信頼によって結ばれる。

 

孫子

勝利を読み取るのに一般の人々にも判る程度では最高に優れたものではない。

戦争して打ち勝って人々が立派だと褒めるのは最高に優れたものではない。

戦いに巧みな人が勝った場合には、人目を引くような勝利はなく、

智謀優れた名誉もなければ、武勇優れた手柄もない。

戦いに巧みな人は、不敗の立場において敵の負けるような機会を逃さない。

勝利の軍は、開戦前にまず勝利を得てそれから戦争し、

敗軍は、まず戦争を始めてから勝利を得ようとする。

 

【付箋の夢】

幕末から明治の初めに行われた塾式教育の時代には、

行儀作法から始めて極めて具体的、個性的、実践的に学問教育が行われてきましたが、

それが近代の学校制度になるに及んで、多数の生徒が一堂に集まり、

教科書を使って勉強するようになりました。

それから子弟も人間と人間との関係、直接の関係がなくなって、

ただ知識本位、理論本位に終始して、

次第に人間としての具体的な存在や行動から遊離してまいりました。

                         (安岡正篤先生)