汚れた世界に背を向けて

 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。  他言せず、個人でお楽しみください。

清明 初候 玄鳥至  21,4,4

せいめい

全ての物が清らかで生き生きとする頃。

 

つばめきたる

海を渡って燕が南からやってくる頃。

 

冬を東南アジアで過ごした燕が、

数千キロを超えて日本にやってきます。

燕が巣をかけると、その家に幸せが訪れるとも言われることも。

 

【お花まつり

四月八日は、お釈迦様の誕生日、灌仏会です。

お寺では、甘茶を用意して下さる所が多いのですが、

コロナ過なので、どうでしょうか。

 

【大したことなど何もない】

年取ってくると、細かいことにこだわれなくなってきます。

命は大切なのに違いはないだろうけど、

どんなに大切にしても必ず失うものです。

それに気づけば、地球が爆発しても大したことじゃない。

 

女性と交際するのは体力的に厳しいかなと感じた時、

もう、詩を作る意味などないのではないかと思ったけど、

詩を作るのは楽しいですね。そもそもそれ自体好きだったんだなと。

枯れた人の詩に、何の魅力もないだろうけど、

嫌がられない程度に、気分次第で載せたいと思います。

 

ブログの連続更新日が一日伸びるのに喜びを感じます。

なんのためになんて、どうでもよくなりました。

 

のこりなく ちるぞめでたき 桜花 ありて世の中 はてのうければ

                      (古今和歌集 春歌下)