独りの時は、ほんとの出会い  いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

         大人のブログですので、子供の閲覧禁止。         個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

東京ラプソディ  21,4,22

東京地名

【有楽町】

銀座とともに東京の一大歓楽街である有楽町。

江戸時代に「有楽原」と呼ばれていたらしく、

これが転じて有楽町になった。

有楽原は織田有楽斎の屋敷があったからといわれているが、

定かではないらしいです。

 

江戸言葉

有明行灯】

光量の調節できるカバーのついた行灯。

普段は台にして使うカバーを、

眠るときには覆いかぶせて光量を絞り、

枕行灯として使います。

 

粋・色・唄

【粋な言葉】

深くなる・深みにはまる

男と女が抜き差しならぬ羽目になったときに使う言葉

【色・破礼句】

新鉢

生き物の通らぬ内は無常門

【唄】

一期添おうと二世までかけて 調子合する三下り

 

粋な人の言葉

落ち目になっても人に頭を下げるようなことはしたくないね。

落ち目になった途端に頭を下げる奴はよくいるけど、

意地でもそれはしたくない。  (立川談志師匠)