汚れた世界に背を向けて

 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。  他言せず、個人でお楽しみください。

孤独俱楽部  21,4,24

ひとりぼっちを愉しむ

【考える時】

亡くなった人を見送るたびに、遺品の整理があります。

その残されたものを見る度に、改めて人間は、

自分の物にできるものなど何もないのだなと思います。

どんなにせっせと、お金や物をため込んでも、

亡くなったら、あの世には持って行けず、残された人で分配する。

本当の意味で、自分の所有物など何もなくて、

ただこの世にいる期間の借りものなんだ。

文明の進んだ今も、人間に必要なものは昔とあまり変わらず、

資本主義に煽られて、不必要なものを求めて、

人は皆、苦しみながら生きている。

人間が、楽に生きるために無駄なものありすぎると思います。

池の中で優雅に泳ぐ鯉達も、一度人間が餌を放り込めば、

ガツガツと争いが起こる。

現在の資本主義は、金と成功者を見せられて、

人間同士、皆ガツガツとした争いの中にいる。

発達した文明を上手く利用して富を分かち合い、

成功者などいなくすれば、人は争わず平和に生きていけると思う。

そういう意味では、人類はまだまだ進歩できる。

 

名言・格言

優しい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。

                        (マザー・テレサ)