花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

日曜詩歌   21,5,9

故郷の母のことを思い出したら    寺山修司先生

 

時には母のない子のように

だまって海を

見つめていたい

 

時には母のない子のように

ひとりで旅に

出てみたい

 

時には母のない子のように

長い手紙を

書いてみたい

 

時には母のない子のように

大きな声で

叫んでみたい

 

だけど心はすぐかわる

母のない子になったなら

どこにも帰る家がない

 

 

やはり母は特別な存在。

大切にしたいですね。

もしも母親になったのなら、

そう思われていることを忘れないで欲しい。

 

やはり不倫は大罪だと思う。

人それぞれ、いろいろな立場で迎える母の日を、

欲望や裏切りで壊してしまいませんように。