独りの時は、ほんとの出会い  いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

         大人のブログですので、子供の閲覧禁止。         個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

孤独の楽園  21,5,29

【己正塾】

「翁問答」を読む     (中江藤樹)

われわれ人間のみのうちは、

至得要道(もっとも立派な徳と重要な道)という天下に二つとない霊宝がある。

この宝を用いて心に守り、身に行なう要領とするのである。

この宝は、上は天に通じ、下は四海に明らかなものである。

それだから、この宝を用いて五倫の間に交わされれば、

それぞれいずれも和睦して互いに憎み合うこともない。

また神明(明知ある神)に仕えれば、神明も良く受託して下さる。

また、天下を治めれば、天下は平和になる。

一国を治めれば国はよく治まり、家をととのえれば家はよくととのい、

わが身に行なえばわが身が修まり、心に守れば心が明らかになる。

これを押し広めれば天地の外まで行き渡り、

取り縮めれば心の奥底に深くしまうことが出来る。

まことに神妙至極の霊宝である。

だからこの宝をよく守るならば、天子は長く四海の富を保持し、

諸侯は長く一国の栄華を受け、卿大夫はその家を興し、

氏は名を表して位も上がり、庶民は財貨を積み蓄えて楽しく暮らすことが出来る。

この宝を捨てては人間の道は成り立たない。

 

【孤独天国】

人間は一人では生きていけない

恐らくこの言葉は正しい。

でもそのために、無理して徒党を組んで生きていくことが幸せな事なのかな。

そこは人それぞれ決める事で、他人が決める事ではない。

僕はたとえ死んでも、嫌な人、嫌な組織と混ざらないようにしてきて、

友達なんていないけど、今のところまだ生きています。

ただね、この頃人が、若い女性なんかも、単なる肉の塊にしか見えないんだ。

だから、とても人間がうっとおしく感じて、心から一人でいたい、

そう思うようになってしまった。まさに人間失格

 

適応障害なんて言葉を聞きますが、

精神科医なんて言ったらなんでも病名付けられて、

朦朧とするほど強い薬飲まされて、余計具合悪くなる。

僕なんか学校では、小・中・高と浮いていて、

会社でも、友達の中でも浮いていた。

適応できた場所など記憶にない。

人間なんてみんなそうだと思う。

浮いている自分を楽しんでいるくらいです。

すぐには無理かもしれないけど、

適応できない自分を責めたりしないでくださいネ。

 

所詮人間なんて、食って糞するために生まれてきたもの。

才能なんて、小さなおまけみたいなもの。

気楽に生きましょう。