花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日  21,6,9

ようやく峠の北口の茶屋に辿り着いてほっとすると同時に、

私はその入り口で立ちすくんでしまった。

余りに期待がみごとに的中したからである。

そこで旅芸人の一行が休んでいたのだ。

もっこりしている私を見た踊子がすぐに自分の座布団を外して、

裏返しに傍へ置いた。

「ええ……」とだけ言って、私はその上に腰を下ろした。

                (「もっこ伊豆の踊子(抄)」より)

【スターの言葉】

本数が減れば収入も少なくなる。

私だって生活がかかっていますからねえ。

でも長い目で見れば自分の仕事を大切にした方が得だと思うんです。

たよりになるのは自分だけですからねえ。      (高倉健さん)

 

【思い出の歌】

mon che'ri  田村ゆかりさん

 

mon che'ri mon che'ri 名前を呼ぶと

すこしせつないきもちになるのよ

mon che'ri mon che'ri いとしさが積もる

溶けちゃうくらい 愛してるから

ほんとなの 

 

作詞は椎名可憐さん。いい詞だなぁと思います。

田村さんのアコースティックライブの映像を見て、

歌がうまいなぁと思い、アルバム何枚か買って、

武道館のライブに行ったことがあります。

もう、嫌になるほど浮いてた記憶があります。

 

 【作家の言葉】

美しい恋物語は、必ずしも上流階級のものだけとは限らない。

まるで名もない男女が世界の片隅ではじめる物語が、

ときにはどんなメロドラマをも凌ぐことだってある。

だが、名もない二人の恋が世界中に名をとどろかすときには、

きっと何かが復讐しにやってくる。

歴史というのは、とても嫉妬深いものだから。  (寺山修司先生)

 

【ドメスティック・バカ】

先週の続き。ユウジは楽しそうにダザイに話しながら歩いている。

ユウジ「ホント、きみまろさんって面白いよな。

    ファンデーション落ち着く先はしわの中とか、

    中高年、体重計そおっとのってもデブはデブ。

    もう、最高。はっはっはっはっは…」

ダザイは自分の靴ひもがほどけているのに気付き、しゃがんで結び直し始めた。

ユウジ「ホンで、ホンで、奥さん何が残っている?

    上半身じゃなくて下半身。もう尿の検査ぐらいです。

    だって。クックックッ、笑えるだろ?」

隣を見たら誰もいない。

一人で喋って歩いていたことに気付いたユウジは、ダザイに駆け寄る。

ユウジ「こぉらぁ!ダザイはん!止まるなら止まりますって、

    ちゃんと言わなきゃ、独り言いいながら歩いている人になるだろ!」

ダザイ「言おうと思ったんだけど、

    楽しそうに一人で行っちゃったからいいかなって…」

ユウジ「良くないぞぉっ!」

 

人間なんて所詮、食って糞するために生まれたもの。

才能なんて、単なるおまけみたいなものです。

人生に過度の要求をして、自分で自分を苦しめないでくださいネ。

 

【突っ張った大人の言葉】

安定した道ばかり選んでいると、エネルギーが湧いてこなくなる!

                    (アントニオ猪木先生)

 

【桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに…】

「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」

アウトドア・セックス

野外で行う性行為。主に野原、森、公園の繫みなどで行われる。

都会のように二人が秘かに逢う事の出来る施設がなかった、

農・山・漁村部では、森蔭や物置小屋などが活用された。

時には麦、トウモロコシ、里芋など、

作物の陰で行われることもしばしばあり、

「麦畑」は歌になるほど有名である。

と、いろごと辞典にあります。また一つ勉強になりましたね。

うーん、なになに…最近では、公衆の目に触れる可能性の高い、

公園のベンチなどで行われることも多い。

まっ!なんて破廉恥な!!いけませんよ!!!

 

OK、OK。オレってもっこり?

今夜こうしてもっこりしたみたいに、俺は生きていきたい。

 

※大前提としてセックスは排便より不衛生です。

 同時期に複数の人とセックスすることは、

 男性も女性も控えるべきだと思います。

 セックスは信頼できるパートナーとだけ。

 キスだけでうつる感染症もあります。