独りの時は、ほんとの出会い  いつか言葉に撃たれて  桃水ブログ 

         大人のブログですので、子供の閲覧禁止。         個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

孤独の楽園  21,6,12

【己正塾】

「翁問答」(中江藤樹先生)を読む

身を離れて孝はなく、孝を離れて身もないから、

身を立て道を行うのが孝行のの綱領である。

親によく仕えることも、身を立て道を行うことの一つである。

身を立てるというのは、わが身は元来、

父母から受けたものであるから、

わが身は父母の身と同じと思い定めて、

仮にも不義不道の事を行わず、

また、父母の身はわが身と思い定めて、

出来るだけ大切に愛敬して、自分と他との隔てをせず、

万物を一貫した身を立てる事である。

 

兄が死に、父が死んだとき、

自分の身体が、父の遺体、兄と同体という、

血のつながりというよりも、肉体のつながりというものが、

物凄く現実的に実感いたしました。

恐らくこれは、理屈では理解できない事だと思います。

 

【名言・格言】

人生とは面白いものです。

何か一つ手放したら、

それよりずっといいものが

やってくるものです。  (サマセット・モーム 作家)