汚れた世界に背を向けて

 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。  他言せず、個人でお楽しみください。

夏至 初候 乃東枯  21,6,21

げし

夏至とは一年で最も日が長く、夜が短い頃。

これから夏の盛りへと、暑さが増していきます。

 

夏至冬至の夜は、電気を消して、

蠟燭の灯で過ごす人が増えているらしい。

僕も数年前から始めましたが、

今夜も香りのいいキャンドルで座禅をしようと思います。

 

なつかれくさかるる

うつぼぐさの花穂が黒ずんで、枯れたように見えること。

うつぼぐさは別名「夏枯草(かごそう)」。

ラベンダーの出来損ないなんていったらいけませんが、

そこらへんでよく見かける草花です。

花穂を煎じて飲むと利尿や消炎作用があるそうです。

また煎液は、ねんざ、腫れの塗り薬にも、うがい薬にも。

英名はall-heal(すべてを直す)だそうです。

 

うつぼ草 手つなぎて行く 子が二人  (細木ひより氏)