花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

詩になる言葉  21,6,22

【霜】しも

朝霜の 霜うづむ 霜さゆる 霜の鞭

枝に霜降れど 霜置く野ばら 霜に打たせよ

霜枯れ 霜枯れて 霜枯れ枯れに

霜夜  おつる霜夜に 霜夜の月を

露霜  露霜に 秋の露霜

 

【氷】

朝氷 削り氷の 霜氷 こほりゐし

へづりひをすゑて こほりぞしたる

氷柱(つらら) つららゐし しづくのつらら

垂氷(たるひ・つらら) すがる垂氷の 垂氷のうへの

氷室(ひむろ) 天然の氷を夏まで保存する小屋

       こほり蔵 氷室ぞ冬の 緋幡(あかはた)の

霙(みぞれ)  雪霙 まじる雨雪と みぞれの降るに

霰(あられ)  あられ打つ 霰さやぎて 霰ふれれば

 

【語源辞典から】

あんちょこ

教科書の問題等に回答を付した解説書。

「安直に下調べが出来る本」から転じて、「あんちょこ」。

 

 

【詩人】

昔の詩人は年齢を重ねるほどいい詩を書いて、

若い時に書いた詩を処分して、

後世に残さない詩人もいる程なのに、

現代の作詞などは、年齢を重ねると、

いい詞を書けなくなるみたいですね。

きっとお金を持って、生活が満たされるからでしょうね。

満たされれば感性が鈍くなるので、

いい芸術作品はできなくなりますからね。

 

枯れるという言葉、実は誉め言葉で、

僕も自分を枯れてきたとよく言いますが、

言葉のわかる先輩からは自惚れだと叱られそうです。

逆にかわいいと言う言葉は、その使われ方が、

見下しているように感じます。

年が離れていても、

二十歳越えた女性にかわいいは失礼だと思います。

中学以上の男子と二十歳以上の女性が、

かわいいといわれて喜ぶ姿を見ていると、

本当にバカじゃないかと思います。

 

かわいいを目指すファッションの女性は、

一緒に歩くのが恥ずかしい。大人になれよ。