花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日  21,6,23

私はそれまでにこの踊子たちを二度見ているのだった。

最初は私が湯ヶ島へ来る途中、修善寺に行く彼女たちと湯川橋の近くで出会った。

その時は若い女が三人だったが、踊子は太鼓を下げていた。

私は振り返り振り返り眺めて、もっこりが自分の身についたと思った。

                     「もっこ伊豆の踊子(抄)」より

 

コロナパンデミックの嵐が吹き荒れる中、

今日も幾つもの命が奪われ、残された人は悲しみに暮れる。

感染拡大は悲劇の拡大です。医療の問題ではない。

感染拡大が懸念されるオリンピックを開催する組織も組織なら、

それに参加するアスリートも、自己中心的な組織と同罪だ。

僕はオリンピック開催に協力する全ての人を軽蔑する 。

愛がしらけてしまわぬように…

 

【スターの言葉】

ビルとビルの合間の夕陽は、突然彼を照らし、突然消えた。

そしてまた突然彼を照らし、そしてまたビルの陰に隠れて消えていった。

彼は青春と言う言葉が嫌いだった。

僕もあんまり好きじゃないけど……それは、やけに安っぽいからだった。

彼は、自分が青春と呼ばれてしまうことは、

しかたがないことだって納得していた。

いや、はたからそう見えてしまうのは、

しかたがないってことを彼はわかっていた。    (尾崎豊さん)

 

【思い出の歌】

はじまりさえ歌えない   尾崎豊さん

ふと目を閉じればアスファルトの道端に

うずくまり黄昏の陰に手を伸ばし何か求めてた

埃だらけのビルディング ウイスキーの匂いがするよ

俺の心の中には求めるものがひとつも映らないよ

 

小さなころから人間が嫌いだった。

哲学や論理を学習したとき、

人間嫌いは厭世観の一つの現象だと知った。

それには原因となる経験があるらしい。

僕には思い当たることがある。

それは、初めて幼稚園という集団的環境を経験したとき、

周りの園児が、普段は悪態ついているのに、大人の前ではいい子になる。

その変わり身の巧みさを間近で見せられ、

幼い僕は、人間不信というより子供不信になった。

よく不良のストーリーでは、大人との対立を描くことが多いが、

僕は力ある者に媚びる、同世代の人間に怒りを覚えた。

そんな人間社会に、僕の心の中では求めるものがひとつも映らなかった。

 

【現代でメッセージソング書くなら】

僕らは一人で権力や常識に立ち向かう、

グレタさんの姿を見てしまったので、

メッセージソングとしては、

あの子の志よりスケールの小さいことは、

当分書けないんじゃないかなと思います。

平凡に暮らせる人達は幸せなこと。

その人達を非難してはいけない。

もっと巨大な権力や、

凝り固まった世間の仕組みを壊すようなものじゃないとね。

 

【英語が混じる歌詞】

一つのフレーズだけ英語にする。

外国人が日本語のTシャツ着るようなダサさがあると思います。

どうして昔の歌詞にそういうのが多いかというと、

当時は愛している気持ちを、ひとこと小さな紙に書いて、

綺麗に折りたたんで、恋人に渡す風習がありました。

日本語で書くと、ちょっと重い印象になるので、

照れ隠し的に英語に訳して渡したりしていたのです。

そのはにかむ感じを表現するためかなと思います。

ただ現代のようにアイドルの楽曲まで、

世界に配信される時代では、

一つのフレーズだけ英語にするのは、

外国の歌に日本語のフレーズが入っていると笑っちゃうような、

そんな印象を外国人も感じているのではないかと思います。

歌詞に必然性のある英語ならいいのですが、

なるべく日本語で書きだしたら、

最後まで日本語で書いてもらいたいですね。

 

 【ドメスティック・バカ】

ダザイ「夕焼は生まれながらに醜い。

    含羞の笑みを以ってこの世に現れたものではないのだ。」

ユウジ「何かを見ても、すぐ言葉にしたり、それをメモしたりしようと思うな。

    黙って感じていればいいのだ。」

洋子 「おい!ユウジ!貸してたマンガ持ってきたか!」

ユウジ「あ!忘れた!」

洋子 「フザケンナヨ!お前!明日は忘れないようにちゃんとメモしておけ!」

ユウジ「スミマセン…」

ダザイ「……」

 

人間なんて所詮、食って糞するために生まれたもの。

才能なんて、小さなおまけみたいなものです。

人生に過度の要求をして、自分で自分を苦しめないでくださいネ

 

【付箋の跡】

はじめてのキスというのは、人生への参加をゆるされるパスポートを思わせる。

すべては「くちびる」からはじまるのだ。はじめに言葉ありき、と言うとき、

ことばはくちびるからはじまるし、愛もキスもまたくちびるからはじまる。

                           (寺山修司先生) 

【テレビ】

タレントが、「俺、結構税金払っている」と、

たまに発言する人を目にしますが、とても違和感を感じます。

テレビを見れば、不細工な人間が、面白くもないこと、

延々と繰り返し、自分達だけで楽しんでいる。

僕には最低賃金の価値すらないと思います。

むしろ貰い過ぎていることを恥じて、

全額寄付された方がよろしいかと思います。

 

【桃の実を見て猥褻だと感じてしまう大人のあなたに…】

「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」

赤い恋愛

身体の美しさや性器の具合と言った、

身体的生理的な事だけに魅かれてする恋愛。

 

ニキビの跡がホクロになることがあります。

性器や陰毛は雑菌だらけで、

プレイの後はよく洗わないとニキビになったりします。

だから口の周りにできるホクロを「スケベボクロ」といったりします。

舌の汚れている女性は性交の後、舌を洗っていないのだなと思います。

また女性は、性交の時感じると、凄く鼻の穴が広がるので、

性交を重ねると、鼻の穴が大きくなります。

逆に鼻の穴が小さい女性は、それほど感じる性交をしていない事がわかります。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

OK、OK。オレってもっこり?

今夜こうしてもっこりしたみたいに、俺は生きていきたい。

 

※セックスは排便より不衛生です。

 同時期に複数の人とセックスすることは、

 男性も女性も控えるべきだと思います。

 セックスは信頼できるパートナーとだけ。

 キスだけでうつる感染症もあります。