花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

東京ラプソディ  21,7,1

コロナパンデミックの嵐吹き荒れる中、

今日も幾つもの命が奪われている。残された人は悲しみに暮れる。

感染拡大は悲劇の拡大です。医療の問題ではない。

感染拡大が懸念されるオリンピックを開催する組織も組織なら、

それに参加するアスリートも、自己中心的な組織と同罪だ。

僕はオリンピック開催に協力する全ての者を軽蔑する。

愛がしらけてしまわぬように…

 

故郷・東京

【(日本橋)人形町】にんぎょうちょう

江戸時代、ここに劇場街があり、歌舞伎や浄瑠璃

操り芝居などが盛んにおこなわれていた。

これに伴って、人形使いなどの劇場関係者や、

土産用の人形を売る商人が多く住み着いたことから、

人形町」と呼ばれるようになったらしい。

 

江戸言葉

【一膳飯屋】いちぜんめしや

座敷に上がってお膳で食べる定食屋のこと。

 

 

【狂い咲き】くるいざき

花の咲く時期ではないのに、花が満開になったりすること。

転じて、慎ましい未亡人が若い男性と家出をしてしまったり、

相当なお年の女将さんが若い板前さんと仲良くなったりするなど、

恋仲にならないと思われていた男女が恋仲になったときなどに使います。

 

【江戸破礼句】

『佳撰開十八品』かせんぼぼじゅうはちぼん

土器開(かわらげかい)

これは年増になり、ぼぼ紫だち、赤く色づきたるに、

毛の生えぬぼぼなり。割れ目あらわにてすさまじ。

張形へ いっそ吸いつく 惜しいこと

 

都都逸

たとえ姑が 鬼でも蛇でも ぬしを育ての 親じゃもの

 

粋な人

立川談志師匠】

矛盾に耐えろ。そこからエネルギーが生まれてくる。

 

【塵世傍観】

渋沢栄一は、いまでいうアマゾン開発をした人。

この人を肯定するなら、アマゾン開発も肯定しなければならない。

結局アマゾン開発を否定するならば、今まで先進国がやってきたことを否定し、

改めなければいけないと思う。その覚悟があるのかどうか。

また、資本主義を肯定すれば、もう地球はもたない。

その決断の時が来たのだと思う。

否が応でも共産主義しか生き残る道はないだろう。

 

四年に一度のオリンピックだから、

濃厚接触者も試合に出させる方向だそうだが、

一般市民は入学式、卒業式、修学旅行、成人式、結婚式

葬式など、一生に一度のものも自粛させらている状況です。

もう、お忘れですか?

 

厚生労働大臣の「どっかにあると思いますよ」は、

最高に笑えた。行政も民間もバラバラ。

段取りが出来ていないなぁと感じます。

日本のお家芸も今は昔。先が思いやられる。