花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

己正塾  21,7,10

【己正塾】

「翁問答」(中江藤樹先生)を読む

子孫の教育

親が子を慈しみ愛するには、道理や才芸を教えて、

この才能を成就するのを根本とする。

さしあたりに苦労を労わって、

この願いのままに育ててしまうのを「姑息の愛」という。

姑息の愛の事を「舐犢の愛」ともいって、

牛が子牛をなめ愛して育てる状に譬えている。

姑息の愛は差し当たっては慈愛のようであるが、

その子は気ままになって、

才もなく徳もなく鳥や獣と同じようになってしまうので、

結局は子を憎んで、悪い道へ引き入れるのと同じである。

 

【名言・格言】

背負う荷物を軽くして欲しいなどと願ってはならない。

背負えるだけの強い背中にして下さいと願いなさい。

       (フランクリン・ルーズベルト 政治家)

 

【仏教四字熟語】

一生空過(いっしょうくうか)

「一生を空しく過ごす」で、仏教ではいけない事と教えている。

それでも、欲深い人間が、それを叶えるために懸命に生きるより、

地球にも他人にも害はないと思う。

 

【塵世凊浄】

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」

聖書の言葉ですが、皆さん隣人を愛せよに重点を置いて、

自分を愛するようにを見過ごしている感じがします。

まずは自分を愛することが先だと思うのです。

ギリギリで心に余裕がない人は、自分を許してあげて下さい。

少し心に余裕が出来たなら、自分が愛せる自分を目指してください。

おそらく、目指す自分にはなれないでしょう。

それでも、そんな自分を愛せるようになったら、

同じように隣人を愛してください。

僕はこの言葉を、こんな風にとらえてます。