花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

京を想えば  21,7,13

哲学の道

北は銀閣寺の入口から、南は永観堂に至る1,5キロ程度の道。

この道を西田幾太郎、和辻哲郎、田中道太郎といった、

いわいる京都学派の哲学者たちが好んで歩いたことからつけられた。

とされる。

 

七月後半、京の行事

祇園祭

16日(前祭)23日(後祭)  日和神楽  各山鉾町~八坂神社御旅所

17日(前祭)24日(後祭)  山鉾巡行  市内中心部

17日  神幸祭  八坂神社~八坂神社御旅所

21日~23日  宵山(後祭)  各山鉾町  

24日  花笠巡行  八坂神社~市内中心部

24日  還幸祭  八坂神社御旅所~八坂神社

31日  疫神社夏越祭  八坂神社

【その他】

20日  城南宮例祭  城南宮

25日  鹿ヶ谷カボチャ供養  安楽寺

25日  宝物虫払会  真如堂

28日  火渡り祭  狸谷山不動院

31日、8月1日  千日詣り  愛宕神社

梅雨明けから約一か月間  大福梅の土用干し  北野天満宮

土用の丑の日に近い土日  きゅうり封じ  蓮華寺

土用の丑の日の前後五日間  御手洗祭  下鴨神社

土曜入り後初の日曜日または祝日  本宮祭  伏見稲荷大社

などなど。お出かけの際は、主催者にご確認ください。

 

京ことば

【アカンタレ】弱虫、意気地なし。

「あんたはナンチューアカンタレヤナ」

 

【塵世凊浄】

二十五年ぐらい前に、たまたま京都に泊まった日が、

五山の送り火の日だった。

その時は今ほどレジャーが過熱していなかったので、

人出は多かったものの、通勤電車のようなものではなかった。

静かに夜空に浮かぶ送り火を眺め、過ぎゆく夏を見送った。

次の日お土産屋さんに入るたびに、

挨拶のように、送り火見ましたか?と聞かれて、

特別な日に京都にいたんだ、という気がした。