花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

大暑 初候 桐始結花  21,7,22

たいしょ

大暑とは文字の通り、季節の中で、

もっとも暑い、夏の頃のこと。

 

きりはじめてはなをむすぶ

淡い紫色の花、桐が梢高く実を結ぶ頃。

 

旬の草花・芭蕉

芭蕉科の多年草。食べるための実芭蕉(バナナ)、

繊維をとるための糸芭蕉、観賞用の花芭蕉がある。

松尾芭蕉の名前もここに由来する。

芭蕉は五十一で死んだ。(中略)これには私も驚かされた。老人だ、

老人だ、と少年時代から思い込んでいた芭蕉に対する自分の考え方を、

変えなければならなくなってきた。」と藤村先生の言葉がある。

「四十くらいの時に、芭蕉はもう翁という気分でいたんだね。」

古人と比べると、自分の未熟さを痛感致します。

 

芭蕉野分して 盥に雨を 闇夜哉

 

【日々想】

他人を裁こうとする、忌まわしい習慣を捨て去りたい。

この毒を抜ききることが、今の僕には課題だと思う。

目の前にいる人にどんな過去があろうとも、

裁くのは神様に任せよう。

その人と僕の関係は、二人で決めればいい。

大衆なんて、キリストさえ磔にした。

僕ははなから信用していない。

自分も磔にされる覚悟があれば、

世界を敵に回しても、愛する人の味方でいられる。