花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

土曜己正塾  21,7,31

【己正塾】

翁問答(中江藤樹先生)を読む

近頃の人は、至理を知らないため、

幼児の期間には教えはないものと思っている。

それは、教化の真実を知らないで、

ただ口で言い教えることだけが教えだと、

思うことから起った迷いである。

根本になる真実の教化は、徳教である。

口で言えるものでは無くて、

わが身を立て道を行って、

人々が自然に変化してゆくのを徳教という。

 

【日新成徳】

死ぬことは悪くない。

死について考えることから、

解放してくれるから。  (ジュール・ルナール 作家)

 

【日々想】

パンデミック過で行われるオリンピックは、

社会の迷惑という意味では、暴走族の集会のようだ。

暴走族の集会に参加するものが避難されるように、

このオリンピックに参加するアスリートも非難されるべきだと思う。

 

ブルーインパルス飛ばせば、

人が集まること分かっているくせに、

これを飛ばした。

何度も言うように、政府自らが感染を広げている。

 

家のテレビで五輪見てろなんて、勝手な言い分だ。

むしろ五輪でテレビがつまらないから、

外に出かけたくなる。