花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

愛すべきものすべてに  21,8,1

日曜詩歌

高杉晋作先生】

邦家の為に正義を起こし

雲と作り雨と作り天地を揺さんと要す

一朝蹉跌して志終に違ひ

却って人に狂士と呼なさる

 

国家の為に起って義を唱え、

天下に風雲を起こそうと思った。

一度失敗して全く宿志を伸ばすことが出来ず、

却って世間の人からは狂人だといわれている。

 

 

聖書の言葉

初めに神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、

神の霊が水の面を動いていた。神は言われた「光あれ」。

こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。

 

【日々想】

総理の言葉に迫力がない。

人を動かす力がない。

人の心に届く言葉をいえなければ、

そもそも政治家に向いていない。

人の気持ちを鼓舞させる術を知らなければ、

リーダーにはなれない。