花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日  21,8,4

二階の戸障子がすっかり明け放たれているので、

何の気なしに上って行くと、

芸人たちはまだ床の中にいるのだった。

私は面食らってもっこりしていた。

私の足元の寝床で、

踊子が真赤になりながら両の掌ではたと顔を抑えてしまった。

                 「もっこ伊豆の踊子(抄)」より

 【付箋の跡】

人は人に影響を与えることもできず、

また、人から影響を受けることもできない。 (太宰治先生)

 

 【ドメスティック・バカ】

一年前の夏の日、校則になじめない洋子が、

「こんな学校辞めてやる」と言って、

教室を飛び出したことがあった。

ユウジと下校中、公園のブランコに一人揺られる洋子がいた。

ユウジ「お前、学校辞めるのか?辞めるなよ!

    お前がいないと、さびしくなるよ。」

洋子 「ユウジにはわからないよ。」

と言って、洋子は去って行った。

次の日学校に行くと、洋子の姿があった。

洋子 「ユウジ、昨日はアリガトな。」

と言われ、ユウジは満足した顔をした。

朝のホームルームが始まった。

先生 「なんだ洋子、学校辞めるんじゃなかったのか?」

洋子 「だって、だって、学校辞めると、

    ユウジがさみしいっていうんだもん。」

ユウジ「ブー!」

先生 「そんなこと言ったのか、ユウジ?」

みんな「どーなのよ?」

ユウジ「いや、その……」

洋子 「言ったでしょう?」

ユウジ「……オニ…。」

人間はしばしば希望に欺かれるが、

しかしまた、「絶望」という観念にも同様に、

欺かれることがある。

 

【日々想】

30歳以上年上のオジサンが、本気で私を落とそうとしている。

なんて言葉を聞きますが、今の若い女性は男の事知らなすぎる。

厄年過ぎた男性に、そんな性欲有りません。

十代、二十代は毎日射精しても大丈夫ですが、

三十超えると、射精は身体にこたえるので、

余程いい女しか抱きたくなくなるし、

そのためには計算しなければならなくなる。

厄年超えると、ほとんど女性を抱く気が無くなり、

いい女でも抱きたくなくなる。

五十以上の男性は精を大事に守っている状態で、

この世代の男性をその気にさせる女性は、

余程魅力的なのだという証拠になります。

おそらく勘違いでしょう。

 

桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに…

「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」

あしづかい(足遣い・足使い)

江戸時代、女性が張型を使って自慰をするときに、

張型を足の踵に紐で結び付けて行なうこと。

 

【破礼句】

かかとまで 入れたと笑う 長つぼね

 

OK、OK。オレってもっこり?

今夜こうしてもっこりしたみたいに、俺は生きていきたい。

 

※大前提としてセックスは排便より不衛生です。

 同時期に複数の人とセックスすることは、

 男性も女性も控えるべきだと思います。

 セックスは信頼できるパートナーとだけ。

 キスだけでうつる感染症もあります。