汚れた世界に背を向けて

 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。  他言せず、個人でお楽しみください。

愛すべきものすべてに  21,9,5

聖書の言葉

人は言った。「ついに、これこそ、わたしの骨の骨、わたしの肉の肉。

これこそ女(イシャー)と呼ぼう。まさに男(イシュ)から取られたものだから。」

 

日曜詩歌

高杉晋作先生】

遥かに思う梅樹と櫻花とを

魂は海東の舊酒家にあり

過眼景光無限の恨み

此生至る處是天涯

 

遥かに梅の木と桜の花を思い起こす

魂は海東の古い酒屋にある

途上移り行く風景に対して感慨が多い

この身の至る所は天涯万里の果てである

 

日々想

もともと歌は、詞を伝えるものでしたが、

最近の歌は、音楽に詞をつけているように感じますね。

音楽がうるさくて、詞に聴き取れない。

音楽が主役のような気がします。

そのせいか、最近は詞を読んでもいいものがありませんね。

音楽に詞が完全に負けちゃっている。

今の自分には、音のない詩の方が心に沁みますね。

秋とはいえ、まだ風はあたたかい。

晴れた公園のベンチに、詩集をもって出掛けたい。

なんて言いながら、ホントは家に居るのが好きなんですけど。

なんとなくそんな雰囲気の季節ですね。