花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

路上のポエム  21,9,6

寺山修司先生】

さすらいの途上だったら

 

荒磯暗く啼くかもめ

われは天涯 家なき子

ひとり旅ゆゑ口ずさむ

兄のおしへてくれし歌

さよならだけが人生だ

 

流るる雲を尋(と)めゆかば

たどりつかむか 冥界に

ひとを愛するさびしさは

ただ一茎(いっけい)のひなげしや

さよならだけが人生だ

 

つばくらからす 鵙(もず)つぐみ

鳥も天涯 家なき子

草むら遠く燈(ひ)をともす

ひとのしあわせ過ぎゆきて

さよならだけが人生だ

 

日々想

人間が感じる幸せ、20分しか持続しないらしい。

欲しいものが手に入った幸せも、好きな人と結ばれた幸せも、

美味いもの食べた幸せも、希望が叶った幸せも、

金メダル取った幸せも、20分しか持たないらしい。

20分の幸福感のために、人々は争い、傷つけ合い、

他人を不幸にし、時には命を奪ったりする。

たった20分の幸福感のために、何を犠牲にするというのか。

 

それでも何もしなければ、人生退屈なんで、

暇つぶしに、幸福でも目指してみるかくらいの感覚でいいと思います。