花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

あなたを忘れたい

夕暮れの放課後 校庭を帰る

あなたとあの子の後ろ姿

一人 教室の窓から 見送った

叶わぬ恋とは分かっていても

心のどこかで期待している

そんな思いを断ち切りたくて

辛い現実 心に刻む

黄昏の街 私は一人家路を急ぐ

 

出会いは同じでも 経験不足

男の子に かわいい人だと言われたこと

今までなかったから 戸惑うことしか出来なくて

ああ もう一度 あの時をやり直せたら

 

無理なのに 夜があなたへの思いを募らせる

心失くして ぼんやり スマホを眺めるだけ

 

「好き」と書いては 送れず消した

揺れる想い いつまで続くの

心寄せてもかなわぬ恋を続ければ

きっと一人に慣れてしまう

 

あなたと同じ季節を歩いていきたい

彩づく春を あなたと笑い

夏の日差しに あなたと遊び

秋の夜長は あなたと越えて

冬の街角 身を寄せ歩く

 

もしも あなたを独り占め出来たら

もしも あなたが同じ気持ちなら

もしも あなたの心を知れたなら

もしも 私の願いが叶うなら

 

「好き」と書いては送れず消した

揺れる想いと サヨナラしたい

本当の気持ち 聞かせて欲しい

私を傷つけること 恐れないで

 

ねえ 私の気持ち気付いているでしょ

心寄せてもかなわぬ恋なら

傷付くだけ 傷付いて

あなたを忘れてしまいたい