花猫風月詩酒に酔う  浮雲の読書人 桃水ブログ  

25禁  大人向けのブログの為、25歳未満のお子様は、閲覧ご遠慮ください。個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

真ん中もっこり水曜日  21,9,22

船場に近づくと、海際にうずくまっている踊子の姿が私の胸に飛び込んだ。

傍に行くまで彼女はじっとしていた。黙って頭を下げた。

昨夜のままの化粧が私を一層もっこりさせた。

眦の紅が怒っているかのような顔に凛々しさを与えていた。

                    「もっこ伊豆の踊子(抄)より」

 

付箋の跡

太宰治先生の言葉】

自分の作品のよしあしは自分が最もよく知っている。

千に一つでもおのれによしと許した作品があったならば、

さいわいこれに過ぎたるはないのである。

 

余話

【寅さん】

俺はもう二度とこの柴又へ戻ってこねえとそう思ってもだ、

な、ねえ気持ちの方はそう考えちゃくれねえんだよ。

アッと思うとまた俺はここへ戻ってきちゃうんだよ、

本当に困った話だよ。

   

俺たちのもっこりどこへ向かうべきなのか。

これからは何が俺をもっこりさせるだろう。

あと何度自分自身もっこりすれば、本当の自分に辿り着けるだろう。

今夜こうしてもっこりしたみたいに、俺は生きていきたい。

 

日々想

TVKで、「北斗の拳」の再放送をしているのですが、

観ていて気持ちいいですね。

ヒーローは無敵なほど強い方が好きですね。

悪を無敵の善がコテンパンにやっつける姿は見ていて爽快。

僕は当時テレビシリーズを見ていなかったのですが、

学校では流行っていましたね。

教室の電気のスイッチ押すたび「あたっ」ってみんな言っていて、

めんどくさかった記憶があります。

電球のスイッチを「あたたたたたたたた」と入り切りして、

電空が切れた時「電球破壊拳」とか言ってふざけてた奴もいたっけ。

ドラゴンボール以降のヒーローは、

すぐピンチを迎えて弱すぎて嫌いですね。